人工知能(AI)を用いて既存のポルノに有名女優の顔を合成する「フェイクポルノ」が登場して以来、ここ数か月でさまざまな有名女優を使ったフェイクポルノが急増しています。そして、実在する人間で作るフェイクポルノに飽き足らず、今度はゲームの中に登場するキャラクターの顔を使ったフェイクポルノが増えはじめています。

People Are Putting Video Game Faces On Real Porn, The End Is Nigh

https://kotaku.com/people-are-putting-video-game-faces-on-real-porn-the-e-1822567065

AIを用いて実在する有名女優の顔を既存のポルノ映像に合成する「フェイクポルノ」が話題になったのは、2017年12月に海外掲示板のreddit上に登場した、映画「ワンダーウーマン」の主演女優ガル・ガドットさんのフェイクポルノ。以下の記事内で公開されたフェイクポルノをチェックすることができるのですが、合成とは思えないレベルの自然でハイクオリティな仕上がりになっていることがよくわかります。

AIで有名女優のポルノ動画を作成するプログラマーが登場、まるでリアルのような完成度 - GIGAZINE



reddit上にガドットさんのフェイクポルノを投稿したのは「deepfakes」と名乗るユーザーで、これを機に多くのユーザーがTensorFlowのような機械学習ツールやAIを用いてフェイクポルノを作成するようになります。その結果、reddit上の18歳未満閲覧禁止なサブレディット「Deepfakes」には、さまざまなユーザーが作成したフェイクポルノが投稿されまくることとなりました。

また、中にはフェイクポルノと同じようにAIや機械学習を用いてあらゆる人の顔をニコラス・ケイジにしてしまう、「フェイクニコラス」の作成にいそしむ人なども登場しており、かなりカオスな状況に陥っているといえます。

そんな中、ゲーム内に登場するキャラクターの顔をポルノ映像に合成する人々も登場しています。「ウィッチャー3 ワイルドハント」に登場するトリスやイェネファーをフェイクポルノにしたものは、記事作成時点では削除されていますが、海外ゲームメディアのKotakuいわく「まぁまぁの出来栄え」だったそうです。ただし、「肌の色の変化や顔全体にかかる奇妙なしみのようなエフェクト、合成と実際の映像の境界にできる不気味な谷間などに気付くことはできる」とのこと。

また、人気FPSの「オーバーウォッチ」に登場するキャラクター・マーシーはフェイクポルノ女優として特に人気だそうです。ただし、オーバーウォッチのキャラクターデザインはウィッチャー3 ワイルドハントよりもアニメ調なため、実際の人間の体にアニメ調な顔が合成された奇妙なフェイクポルノになってしまっています。



さらに、「実際の人間の体にゲームキャラクターの顔を合成」するのではなく、「ゲームのキャラクターの体に実際の人間の顔を合成」するという挑戦も行われています。以下は「ウォーキング・デッド」シリーズのマギー役などで知られる女優ローレン・コーハンさんの顔を、「Fallout 4」のキャラクターと合成したもの。角度を変えたりアップになったりする中で粗も多く見て取れますが、遠目で見るとかなり違和感なく溶け込んでいます。

以下の画像をクリックで動画ページへジャンプできます。



フェイクポルノの拡大はこれだけに収まらず、Twitch上でゲーム配信を行っている女性ゲーマーのKittyPlaysさんや、コスプレイヤーのJessica Nigriさんなどを使ったものも「見つけることができた」とKotakuは記しています。また、こういった人物たちがインターネット上の有名人であると考えると、「フェイクポルノを作られることに全く驚きは感じない」とも記しています。加えて、インターネットを中心に活動するようなゲーム配信者やYouTuberのような有名人は、「従来の著名人よりもアクセス性が良い(顔の画像やムービーを入手しやすい)ため、ポルノに顔を挿入する練習はより侵略的であると感じています」と、今後はTVの中で見る著名人だけがフェイクポルノのターゲットにされるわけではなくなることを示唆しています。