画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エンパワーは1月31日、「中古品買い取り」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査時期は2018年1月、有効回答は20〜60代の個人336人。

○76.5%が「売りに出したことがある」

バレンタインにもらったプレゼントを売りに出したことがあるか尋ねたところ、76.5%が「売りに出したことがある」と回答。続いて誰からもらったプレゼントを売りに出したか聞くと、「昔の恋人からもらったプレゼントを売りに出した」が80.2%と最も多く、以下、「友人」が41.2%、「会社の同僚」が39.7%、「現在の恋人」が34.6%と続いた。

売りに出したプレゼントは、1位「ブランド品」(66.9%)、2位「時計」(51.4%)、3位「金・プラチナ」(39.7%)と、高額買い取りになりそうな物が上位にランクインした。

売りに出した理由としては、「捨てるのがもったいないから」が52.1%で最多。次いで「お金が必要だったから」が45.9%、「もらった相手と疎遠になったから」が43.9%と続いた。同社は「相手との関係性が薄れるとプレゼントを売りに出す方が多い」と分析している。

バレンタインに渡せなかったプレゼントを「売りに出したことがある」人は56.0%。渡せなかった理由をみると、「気持ちが重いと思われそうだったから」が54.3%、「渡すタイミングがなかったから」が53.7%、「勇気がなかったから」が43.6%の順となった。