戦極MCBATTLE第15章では、過去最大の観客動員を記録した

写真拡大

新連載◆「ダメリーマン成り上がり道」#1

 お茶の間にも進出し、毎週末全国津々浦々でさまざまな大会が行われているヒップホップのMCバトル。アーティストの活動基盤となり、多くの観客を動員するこの文化は、今や一大産業となっている。

 一般には馴染みの薄かったMCバトル文化がこれほど浸透した背景はいったい何なのか? 当連載では、イベント運営やプロモーションといったビジネス面、そして熱気を巻き起こした名勝負などの文化的な面から、その歩みを追っていく。

◆仕事量が多くても「自由な時間」が増えた

「世の中の大半の人って、小・中・高とボンヤリ生きてきて、やりたいことも特になく、適当なFラン大学とかに行くわけじゃないですか? で、卒業したらブラック企業に就職する。日本の大学って8割くらいはFランで、企業も8割はブラックだと思うんです。それで安い給料にも疑問を持たずに生きていく。実際、オレもそんな感じでしたから」

 そう話すのはMC正社員。日本最大のMCバトル大会のひとつ、『戦極 MCBATTLE』の主催者として活動し、大好きなヒップホップの世界の裏方として成り上がりを続けている人物だ。

 戦極 MCBATTLEは、近年大ブームとなっているMCバトルの世界でも老舗の大会のひとつ。’07年より前身イベント『戦慄 MCBATTLE』としてスタートし、‘12年に現在の形にリニューアル。今では最大2500人以上を動員するまでに成長した。

「現在、戦極MCBATTLEには予選・本戦のほか、外伝という大会や、22歳以下の大会の予選・本選もあります。昨年からは、ラッパーのACEが所属するプラチナムプロダクションと一緒に、女性のみのMCバトル大会『CINDERELLA MCBATTLE』も始めました。現在は、だいたい週1回のペースでMCバトルの大会をやっています」

 大会の様子を収録したDVDの発売、音楽レーベルの運営など多面的な活動を展開しているが、MC正社員はその実務作業をほぼ一人で行っている。

 大会では会場の手配、ライブ出演者のブッキングから、数十人の出場者全員へのメール連絡まで自身で実施。スポンサー営業、経理、事務作業まで行いつつ、さらにはラッパー・ZEEBRAと毎週ラジオ番組に出演するなど、個人としても活動している。

「働き方改革」が叫ばれるなか、脱サラしたにも関わらずその仕事っぷりはブラックそのものに見えるが、MC正社員は「仕事の拘束時間はサラリーマン時代の方が長かったはず」と話す。

「朝礼のために朝8時半に出社して、帰宅するのは夜23時とか24時くらいでしたから。まあ、営業に出ている時間は結構サボってましたけど。会社員をしている人には、『好きなことを仕事にしたほうが自由な時間は増えるぞ』って伝えたいですね」

◆「当たり前」が「才能」に変わる

 今でこそ大規模なイベントを開催しているが、運営のノウハウを持ち合わせていたわけではない。その名のとおり、MC正社員はもともとサラリーマンをしながらラップをしていた。新潟県の短大を卒業し、埼玉県の印刷会社で8年ほど働いた後に脱サラ。自他ともに認めるダメ社員だったそうだが、社会人の経験から「時間通りに来る」「期日までにイベントの内容を決める」「そして圧倒的なMCBATTLEへの愛」などの能力は持っていた。

「これは当時の俺の周りだけだったかもしれないけど、そういう当たり前の能力を持った人がヒップホップ業界にはいなかったし、今も裏方が少ないんですよ(笑)。もともと僕もMCバトルに出場する側だったんですが、周りがそんな状況だったので、『じゃあオレが全部やるよ!』と言って運営に関わるようになったんです」

 決して初めから、「MCバトルのシーンを大きくする!」といった壮大な夢があったわけではない。しかし、周囲からの反応は予想以上に大きく、それまで付き合っていたラッパーからも一目置かれるようになった。本人は「MCバトルの運営を始めるまで、人に褒められたことは一度もなかったと思います」と語る。

「サラリーマンとしての仕事も含め、それまで『お前マジでスゲーよ!』なんて言われたこともなかったし、尊敬されたこともなかった。ヒップホップ業界の人って一見怖そうだけど、みんなスゴくピュアないいやつなんですよ。ただ、才能あふれるアーティストは適当な人も多いんです。だからオレくらいの管理能力でも「お前スゴいな!」ってなる(笑)。あと、当時は主催者不足だった気がしますね……。やっぱり基本は演者側だし、告知したり、タイムテーブルを作るような事務作業が苦手な人は多いですよね」

 何か特別な仕掛けをしたわけではなく、出演者への連絡や、イベント中の時間管理など、本人としては社会人として最低限の段取りをしただけ……。しかし、そうした人物が欠けている現場では、それでも十分必要な存在になりうるのだ。

「出演する側も、まず時間通りに来ないことも多いですよね(笑)。変わった人が多いし、最近はMCバトルで有名になって、レーベルや事務所に所属するラッパーも増えましたけど、管理する側は大変みたいですよ。でも、会場内は出演者ばかりで、客がゼロなんてところでしかバトルできなかった自分たちが、普通にテレビに出れるようになったりして……。好きなことを続けてきてよかったと思います」

 やる気のないダメリーマン……。そんな自分のなかにも、それまで気づかなかった“才能”や需要があることを知ったMC正社員。こうして、少しずつヒップホップの世界で自分の足場を積み上げ始めることとなった。

<構成/古澤誠一郎>

【MC正社員】戦極MCBATTLE主催。自らもラッパーとしてバトルに参戦していたが、運営を中心に活動するようになり、現在のフリースタイルブームの土台を築く