(写真=Youtube「Lena’s Pocket Beauty」より)

写真拡大

今月初め、青木ヶ原樹海で発見した遺体を撮影・投稿した米国人ユーチューバーのローガン・ポールが日米両国で炎上したが、韓国でも最近、とあるユーチューバーが炎上している。

炎上対象になっているのは24歳の美容系ユーチューバー、Lena(レナ)。

「Lena’s Pocket Beauty」というチャンネルを運営中の彼女は、卓越したメイクアップ技術と面白いトークが女性を中心に評判を呼び、2017年12月時点でチャンネル登録者が100万人を超えた人気ユーチューバーだ。

過去に“韓国版2ちゃんねる”で活動

最近は1500万ウォン(150万円)相当のブランド品の買い物や、一人暮らしをしている70平米(3LDK程度)の高級マンションの紹介動画を投稿するなど、話題性という面でも敵無しの存在である。

ところが先日、彼女が韓国版2ちゃんねると呼ばれる「日刊ベスト(以下、イルベ)」のユーザーだったことが判明。

イルベとは、暴力的かつ扇情的なコンテンツが絶えない極右思想を持つユーザーが集まるコミュニティで、元大統領に対する誹謗中傷をはじめ、女性アイドルへの殺害予告、女性嫌悪、女子高生盗撮問題などで幾度となく世間を騒がせ、今や「社会悪」として扱われている。

(参考記事:元大統領への冒涜に、女性アイドル殺害予告まで!! 韓国社会の問題児「イルベ」とは

「昔はそれが悪いとは認知しなかった」

そのようなイルベでの活動歴に対し、Lenaは最初「イルベと全く無関係だ」と主張していた。しかし、過去の書き込みがネット上に広がり、言い逃れはできなくなってしまった。

彼女の書き込みを見ると、「中3のとき、同じクラスのデブ野郎が高2男子にレイプされたと言いふらしていたわww自尊心の低い奴らはそんなこと言うと自尊心が湧くの?」「トライシクル(フィリピンの三輪タクシー)運転手から400ペソでヒロポン1袋ゲット。超お買い得w」「このクソ女、脳に脂肪ばかりこびり付いてんの?」といった下品な言葉遣いが目立つ。

これでは品性が疑われるのも無理もないが、非難が殺到するようになると、Lenaは「いくら幼い頃の言動だったとはいえ、自分の過ちだったので怖かった。昔はそれらが悪いことだとは認知していなかった」といった謝罪文を掲載。しばらくの間、活動を自粛すると宣言しながら、最後は「より成長した、責任感のあるLenaになって戻ってきます」と締めくくった。

とはいえ、ネット民からは「この人の動画見てあげる暇があったら、もっと寝ていればよかった」「これぞ自業自得ってものよ。仕方ないよね」「戻ってくる気か?全然反省してないな」「ちゃんとした謝罪文を掲載しろ」といった声が寄せられており、今後の活動に暗雲が立ち込めている。

それに、炎上の影響でチャンネル登録者数も急減。1月31日時点での登録者数は約92万6000人で、事件後に約8万人がチャンネル登録を解除しているが、韓国メディアによるとこの一週間、世界で最も多くの登録者を失ったユーチューバーになったらしい。

今後、ユーチューバーによる炎上はますます増えそうな気がするが、はたして…。

(文=S-KOREA編集部)