韓国に帰国した被爆者の遺族が敗訴 賠償請求できず

ざっくり言うと

  • 韓国に帰国した被爆者の遺族が、国に損害賠償を求めていた訴訟
  • 大阪地裁は、提訴時に被爆者の死亡から20年が経過していたことを指摘
  • 賠償請求権は消滅したと判断し、31日に訴えをいずれも棄却した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング