ワールドグランプリの記者発表会に出席した高田監督、川村主将、北沢会長(左から)

写真拡大

 ブラインドサッカーワールドグランプリ2018(3月21〜25日、品川区天王洲公園)の記者発表会が31日、都内で行われた。出場6カ国が発表され、組み合わせ抽選会を実施。開催国の日本(世界ランク8位)はトルコ(同5位)、イングランド(同16位)と同じA組に入り、21日午後2時開始の開幕戦でイングランドと対戦する。

 B組はアルゼンチン(同2位)、コートジボワール(同ランク外)、ロシア(同14位)。1回戦総当たりのグループリーグを行い、各組3位同士が5位決定戦、2位同士が3位決定戦、1位同士が決勝に進出する。

 川村怜主将は「アルゼンチンと決勝でやりたい。優勝を目指す」と意欲を示し、高田敏志監督は「つまらないサッカーをやったらダメ。20年東京五輪で点を取って勝つサッカーを目指している」と攻撃的スタイルを宣言。日本障がい者サッカー連盟の北沢豪会長は「世界のブラインドサッカーを知ってもらう良い機会。“見えてるんじゃないか”ぐらいのプレーをするので、観に来て下さる方にも驚きがあるのではないか」と語った。