LINEは、金融事業領域を手がける新会社「LINE Financial」を1月10日付けで設立した。資本金は50億円で、LINE社長の出澤剛氏が社長を務める。

 これまでLINEの金融事業では、モバイル決済サービス「LINE Pay」が提供されており、その登録ユーザー数は4000万人、グローバルでの年間取引高は4500億円に達している。新たな金融サービスの構築・提供を目指して設立されたLINE Financialを通じて、仮想通貨の交換や取引所、ローン、保険といった商品やサービスが提供されるという。仮想通貨で用いられるブロックチェーン技術などの研究開発も推進していく考えで、金融庁に対して、仮想通貨交換業者としての登録手続きも進めている。