「秘伝のニンニクしょう油ダレをベースにした特製ダレに漬け込まれて作られている」という「伝説のすたみな唐揚げ」が、2018年2月1日(木)から「伝説のすた丼屋」の全国の店舗で提供開始となります。この品は2017年6月から一部店舗で提供されて大好評だった品だとのことなので、規模拡大に先駆けて、食べにいってきました。

【伝説のすたみな唐揚げ】全国で発売開始★ | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】

http://sutadonya.com/karaage/

伝説のすた丼屋にやってきました。



店頭にはポップやポスターは見当たりませんでしたが、案内された席につくと、「伝説のすたみな唐揚げ」のメニューがありました。



注文して5分ほどすると「鬼盛りすたみな唐揚げ丼」(税込780円)がやってきました。



唐揚げが8個盛り付けられた丼は、食べる前から圧倒されるボリューム。



ごはんの上にはキャベツの千切りが敷き詰められていてマヨネーズが添えられていますが、あくまでこれは唐揚げとの境界線であって、かさ上げにはなっていません。



唐揚げは揚げたてで衣がサクサク。肉にはニンニクしょう油タレの下味がしっかりついており、ガツンとパンチの効いた味わいで、ごはんと合わせても物足りなくなることはありません。



ついてきた小鉢の特製だれは、とろみがあり、少し甘口。もともとしょう油が十分に効いているところへ、さらなる味の広がりが加わり、ごはんが足りなくなりそう。



続いて「鬼盛りすたみな唐揚げライス」(税込780円)です。



丼とは違い、唐揚げとキャベツの千切りはライスと別皿に盛られているので、ごはんが唐揚げやキャベツに侵食されてしまうおそれはありません。



唐揚げはそのままでも特製だれにつけて食べてもOK。丼とは違って唐揚げが別皿なので、ごはんの量とバランスを取りつつ食べやすいのがいいところ。



「鬼盛りすたみな唐揚げ丼」「鬼盛りすたみな唐揚げライス」は、それぞれ唐揚げの量を12個まで増やして「超鬼盛りすたみな唐揚げ丼」「超鬼盛りすたみな唐揚げライス」にすることも可能。この場合も価格は税込980円。また、唐揚げの単品注文もアリで、唐揚げ2個の「ミニすたみな唐揚げ皿」が税込150円、8個の「鬼盛りすたみな唐揚げ皿」が税込500円です。

「伝説のすたみな唐揚げ」は2018年2月1日(木)から全国の「伝説のすた丼屋」で提供されますが、 池袋店など一部の店舗では開始は3月からになるとのことです。