経済産業省による実証実験の流れ

写真拡大

 日本マイクロソフトは1月31日、経済産業省(経産省)の「電子レシートの社会インフラ化実証実験」で電子レシートデータを保存・分析・可視化を行うデータプール基盤にクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」が採用されたと発表した。

 実証実験では、複数の小売業者、ITベンダーや業界団体と共同で、業種、業態の異なる小売店舗におけるプラットフォーム化した電子レシートの有用性を検証。社会インフラとしての電子レシートプラットフォームには、IoT時代に対応するスケーラビリティと柔軟なインテグレーション特性、企業や個人のデータを安全に管理するための高いセキュリティなどが求められるほか、ビッグデータを活用したイノベーションの促進に向けてデータ可視化ツールと連携して誰でも簡単にデータ活用が可能な環境も要求される。Microsoft Azureは、それらの要求を満たす最新のクラウドプラットフォームとして選ばれた。