【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が平昌冬季五輪(2月9日開幕)に合わせ、31日から2日間、北朝鮮東部の馬息嶺スキー場で南北合同スキー練習を実施する。韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は31日の定例会見で、同部の李柱泰(イ・ジュテ)交流協力局長を団長とする選手やスタッフら代表団45人がこの日午前に韓国東部の襄陽空港からチャーター機で同スキー場に近い元山の葛麻空港に向け出発したと伝えた。

 白氏は、韓国代表団はあす2月1日に練習を終えて空路で戻るとし、「この際に(平昌五輪に参加する)北の選手が同乗して韓国を訪れる予定」と伝えた。