実質世界トップを誇る日産のゴーン会長

写真拡大

 仏ルノー・日産自動車・三菱自動車連合の2017年の世界販売台数が約1061万台となり、トヨタ自動車を抜いて2位となった。3社連合の世界販売が1000万台を超えるのは初めて。首位は2年連続で独フォルクスワーゲン(VW)。トヨタは16年の2位から3位に後退した。

 30日までに大手自動車メーカー各社が17年の世界販売を発表した。3社連合の内訳は仏ルノーが約376万台、日産が約582万台、三菱自が約103万台となった。

 日産は主戦場である中国などの販売が好調だった。無資格者による完成車検査問題で下期は販売が減少したが全体では堅調に推移した。首位のVWはグループ全体で約1074万台だった。トヨタはダイハツ工業と日野自動車を含むグループ全体で世界販売が約1039万台と過去最高だった。