婚活でのアピール合戦! お目当ての男性の気を引こうと、磨きまくった女子力をあれもこれもと披露していませんか? もちろん相手に自分を売り込むことは大切ですが、そのアピール、逆に男性をげんなりさせているかも……。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、知っておきたい“男に響かない女子力アピール”を集めてみました。

 

■洒落すぎた料理アピール

「料理が上手な女性は好きだよ。でも、得意料理が“ジャスミンライス”って……。“元カレのために作って冷凍しておいた”ってドヤ顔で話してたけど、それ迷惑でしょ。普段からなじみのない、食べたこともない料理って一番危険なにおいがする。」(35歳/外資コンサル)

男性は手の込んでいるおしゃれな料理よりも、素朴な家庭料理を好む人が多いよう。プロが作った料理なら「試しに食べてみよう!」となるかもしれませんが、素人がつくる奇抜なものは、さすがにハードルが高いようです。

食べ慣れないものが出てくると、警戒してしまい、なかなか料理を味わえません。あまりなじみがなさそうなメニューは、定番メニューで手料理の実力を示してからの方がいいでしょう。

 

■過去の恋愛遍歴アピール

「いろんな男と付き合ってた過去を、飲みながらドヤ顔で話す同僚にドン引き。ヤンキーとか社長とか大学院生とか、どんな男でも落とせるみたいに言ってたけど、俺は絶対に落ちない!男関係が派手な子とは結婚したくない。」(32歳/商社)

“モテる女性=いい女”と勘違いして、男性経験を語るのは危険。特に独占欲の強い男性は、男の影が見える女性を好まない傾向にあるようです。男性関係が派手な人よりも、誠実で自分だけを大切にしてくれるようなタイプの女性の方が男性にモテやすいかも。

 

■小食アピール

「パスタをひとくち食べて、“私、すぐお腹いっぱいになっちゃうの!”だって。華奢な子は好きだけど、一緒に食事を楽しみたいからそんなに食べない子とじゃ付き合えない!」(29/航空)

華奢な女性が好みの男性は、スタイルのことを言っているだけで、「小食がかわいい」ということではないようです。

結婚すると、一緒に食事をする機会も多くなるでしょう。相手がパスタひとくちでお腹いっぱいになっていたら、自分だけたくさん食べるのはなんだか気が引けて、食事を楽しめないかもしれません。無理に詰め込む必要はありませんが、わざと少食アピールをするのは逆効果かも。

 

■ネイルアピール

「いつもギラギラの爪を見せてくる会社の女性。飲み会の時にいい女は爪の先までこだわるとか言ってたけど、いい年して派手なネイルは怖いだけ。パソコンもカチカチいってうるさいし。」(33歳/損保)

派手なネイルを敬遠する男性は多いようです。「怖そう」「清潔感がない」といった意見がありました。

ネイルに強いこだわりがあったとしても、男性の場合、よくよく柄までは見てもらえない可能性が……。そうはいっても、手をキレイに保つことは大切なので、シンプルで長すぎないものがいいのかもしれません。

 

女性が目指す“いい女”と男性が思う“いい女”は、意外とギャップがあるようです。そのため、自分がアピールと思っている部分も、男性からしたら魅力的にはうつらないなんてことも……。

逆に、自分ではなんとも思っていなかったけれど、実は“モテ要素”だったという場合も! 上記を参考に、ぜひ効果的なアピールができますように。

【画像】

※ Vladeep/shutterstock

【関連記事】

【関連記事】

バレるからやめて!社内不倫カップルの「ゲスLINE」をコッソリ覗き見

もう限界!男が「別れを決意した」彼女のウザLINE

可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ