画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●世界4位のスマホメーカー

中国のスマホ市場において、急激に頭角を現してきたのが「OPPO」だ。アジアでは1位、世界シェアでも4位につけるなど、グローバルで存在感を示しつつある中、いよいよ2018年2月に日本市場に上陸する。

果たしてOPPOとはどのようなブランドなのか、競争が激化しているスマホ市場で他のメーカーとの違いはどこにあるのだろうか。

○中国で激しいシェア争い、強みはインカメラ

中国の空港に降り立つと、すぐに目に飛び込んでくるのがOPPOの広告だ。ショッピングモールや地下鉄など、中国国内では至るところにコーポレートカラーである緑色をあしらった広告が展開されている。端末を販売する実店舗の数も多い。

米IDCの調査によれば、世界のスマホ出荷台数はサムスン、アップル、ファーウェイに続き、OPPOは4位につけている。2017年第3四半期にはファーウェイの3900万台に対し、OPPOは3000万台と肉薄している。

中国市場でのOPPOはファーウェイと激しい首位争いを繰り広げており、同じくシェアを急拡大させたVivoと日本でも知名度のあるXiaomiがそれに続いている。数年前までは中国でもiPhoneの人気が高く、北京や上海ではiPhone 6や5sばかりを見かける時期もあったが、最近は中国で使いやすいアプリを搭載したAndroid端末がシェアを拡大してきた。

その中でもOPPOのスマホの特徴は、優れたカメラ性能だ。たしかにどのメーカーもカメラには注力しているが、特にOPPOはフロントカメラにこだわっており、最新の「R11s」はフロントカメラにリアカメラと同じ2000万画素のセンサーを採用。カメラアプリには人工知能(AI)を利用した美顔効果を搭載するなど、アジアで高まるセルフィー需要に対応している。

●日本で成功できるか

○日本市場で成功できるのか

中国市場でトップ争いを繰り広げるOPPOだが、アジアを中心に海外展開も進めており、Mobile World Congressなどグローバルの展示会にも出展している。2017年は台湾でも存在感を高めており、大手キャリア各社が「R11s」を取り扱うなど人気を誇っている。

一方、日本のスマホ市場ではiPhoneが半数を占め、SIMフリー市場ではファーウェイに勢いがあり、台湾のASUSや国内メーカーも根強い人気がある。果たしてOPPOに参入の余地はあるのだろうか。

OPPOのスマホは価格に対して質感やスペックは十分に高く、他の中国メーカーと比べても甲乙つけがたい仕上がりだ。また、OPPOは日本でブルーレイプレイヤーなどのAV機器を展開しており、全く無名の存在というわけでもない。しかしスマホ市場での知名度はなく、販売チャネルやサポート体制についても他社の水準に追いつくには時間がかかりそうだ。

だが、日本のSIMフリースマホ市場はまだまだ伸びるとの見方は多い。たとえばファーウェイ・ジャパンの端末事業を統括する呉波氏は、OPPOの日本上陸を歓迎することを2018年1月のCESで語っている。というのも、SIMフリー市場はまだまだキャリア端末の市場に比べてシェアが小さく、複数のメーカーが参入することで市場のパイを大きくしたいのだという。

2017年末、国内のモバイル業界ではOPPOが人材引き抜きを仕掛けているとの話で持ちきりになるなど、日本市場の開拓には本腰を入れている印象だ。実店舗の展開や大手キャリアが取り扱う可能性も含め、中国で起きたような市場シェアの逆転劇が日本でも見られるのか、注目したい。