現地の試合模様に興奮する観客たち(記者撮影)

「技術の見本市で終わりにしたくない。ひたすら映像が変わらないことに変革を与えたい」

男子プロバスケットボールBリーグ常務理事・事務局長の葦原(あしはら)一正氏は試合前にこう意気込んだ。

1月14日、熊本で「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018」が開催された。開幕から2年目を迎えた男子プロバスケのBリーグ。2017-2018シーズンの前半戦と後半戦の合間に行われた今年のオールスターゲームは、被災地での復興支援という意味も込められ、熊本県立総合体育館で行われた。

一方、熊本から約900km離れた東京の恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホールでも現地に劣らない大きな盛り上がりを見せていた。オールスターゲームと連動した、次世代型ライブビューイング「B.LIVE in TOKYO」(以下、B.LIVE)が開催されたからだ。Bリーグと、パートナーとして技術提供する富士通による観戦型イベントで、最先端のICTテクノロジーを駆使した“世界初”のスポーツエンターテインメント体験ができるのがウリ。

遠隔地で開催される試合を別会場のスクリーンを通して楽しむのは、従来のパブリックビューイングと同じである。だが、「次世代型ライブビューイング」と銘打たれたB.LIVEでは、試合の映像を流すだけでなく、その臨場感を再現する取り組みが行われた。

現地にいるような「臨場感」を体感

実際、恵比寿会場で試合を観戦すると、選手達のシューズとアリーナの床が擦れる音、ドリブルするときのボールの振動音が感じられるなど、まるで自分が現地のコートに立っているような感覚すら受けた。

現地でのプレー音や、観客席の歓声は、ヤマハにも協力を得て再現。熊本会場のコートサイドや天井に20本、選手の足音やドリブルを集音するため床下に32本と、計52本のマイクが設置され、恵比寿会場では至る所からその音を流していたという。

さらに映像配信についても、550インチのスクリーンに4K高解像度の映像と音声の高速配信を実現。試合前や、クォーター間に熊本会場と恵比寿会場間で掛け合いが行われた際にもタイムラグはまったく生じなかった。富士通が独自のアルゴリズムを構築し、リアルタイムな映像伝送を可能にしたからだ。


MC MAMUSHI(マムシ)による進行も観客たちを盛り上がらせた(記者撮影)

そのほかにもB.LIVEだけで楽しめる観戦ポイントとしてエフェクト効果による映像演出があった。現地でスリーポイントシュートやダンクシュートなどで得点が決まると、派手なエフェクトのかかったリプレー映像が流される。カラフルなレーザー照明の連動も相まって、会場の客はまるでクラブにいるかのように盛り上がった。

パブリックビューイングを超えたい

今回Bリーグと富士通が取り組んだB.LIVEは、熊本で行われている試合の様子を映すだけでなく、臨場感のある映像や音声の配信、クォーター間の演出など、試合観戦をより楽しませるための技術や工夫が至る所にあった。そこには関係者たちの「パブリックビューイングを超える、新しい観戦スタイルを提供したい」という思いが込められている。

「1964年の東京五輪で、街角にあるテレビを多くの人たちが囲んで盛り上がって観戦したことがパブリックビューイングの原点。今後はそこから進化させて、AIやICTの技術を活用していきたい」と富士通のスポーツ・文化イベントビジネス推進本部ビジネス企画・推進統括部長の小山英樹氏は話す。

もちろんBリーグが、今回のような観戦スタイルを“第3の収益源”にしていきたいという狙いもある。現在、試合ごとのBリーグやクラブの収入源は、アリーナに来場するサポーターたちからのチケット収入と、テレビやスマホ配信での放映権収入がメイン。アウェーで開催される試合では収益を上げていないのが実情だ。今後アウェー開催のときに、本拠地アリーナでこのB.LIVEという観戦スタイルを提供できれば新たな収益確保にもつながる。

B.LIVEでは、立ち見の自由席は税込み4500円(限定Tシャツ付き)、最高額の指定席のラグジュアリーボックス(1セット4人)は1人当り税込み1万8000円(Tシャツやタオルマフラーなど限定グッズ付き)。2017年のプロ野球のクライマックスシリーズでパブリックビューイングが無料開放されたことを考えると、強気の価格設定だった。

「正直販売するまでは本当にお客さんに売れるか未知数だった」と葦原氏は話したが、発売から3時間ですべてのシートが完売となった。

「東京の恵比寿でバスケをみんなで一緒に見たいという人がこれほど居たことに驚いている」(葦原氏)


チケットが完売したとしても、まだ黒字にはならない(記者撮影) 

収容人数500名程度の会場で4500円以上するチケットがすべて完売。とはいえ、収支はまだ黒字ではない。

技術面などでコストが先行しており「今後のための投資」(葦原氏)と割り切っている。

B.LIVEのチケット購入者の6割が女性で、特に20〜30代がメイン。実際、会場には若い女性同士で観戦するグループも多く見られた。

「世界観は提言できた」

来年のオールスターゲームは2019年1月中旬に、富山県で開催されることが予定されている。次の展開については未定だが、B.LIVEが第3の収益源として、Bリーグに定着する可能性はあるのか。

小山氏は「Bリーグに対して富士通だけでなくさまざまな企業がサポートしており、連携を強化して盛り上げていきたい」と話し、葦原氏は「旧来型のパブリックビューイングを突き抜けて新しいことをやっていきたいという思いがあったので、世界観は提言できたと思う」と総括した。

スポーツ観戦の仕方を変えるBリーグの挑戦はまだ始まったばかりだ。