大阪で一番の焼肉密集地帯といえば鶴橋。庶民派から超高級店まで様々な焼肉店が軒を連ねる。

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店(最寄駅:鶴橋駅)

そこに、“焼肉界に革命を起こす店が現れた”と聞き、出かけたのは私、ライター高田強。 友人を連れて向かったのは、鶴橋本通のアーケード。鶴橋鮮魚卸売市場に隣接することもあり食品の卸や小売店が約800並ぶ。この中にある『勝手に焼肉 浅間農場』へ。パッと見、店頭で肉を販売する精肉店だが、奥のテーブルでは、パックからお肉を取り出して焼いているカップルが。 店頭の看板で確認したところ、お肉をひとりあたり1000円以上購入すると奥のテーブルやコンロ、タレを無料で貸してくれるシステムらしい。ならばと、肉を購入することに。よく見るとパックには、半額のシールが貼られた物もあるではないか。なかには国産和牛のレバー152g300円が半額の150円など、信じられないことに。鹿児島県産の黒毛和牛のカルビも半額になると145g640円。お肉を選んで、そのままレジへ。コンロの使用を申告し、ビールも購入。中瓶500円などドリンクも充実している。 割り箸やビニールのタレ皿、コップなどをいただき、ガスロースターを用意してもらえば、パックを開けて焼くだけ。と思いきや「先にもみダレをかけた方が美味しくいただけますよ」と店員さん。塊のレバーは奥で切ってもらえた。あとは心置きなく焼くだけ。失礼ながら、どれも予想以上に美味しい。厚切り牛タンに至っては、かなりのクオリティ。そこで、素性を明かし、話を伺う。もともとスーパーの精肉卸店で、この商店街で肉をさばいて販売もしていたら、隣のスペースが空いたこともあって、「買ってもらった肉をイートインしてもらおう」と始めたそう。今では大阪市内に4カ所展開。安さはもちろん、街ナカでBBQ気分を味わえるから、さらに増えそうだ。

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店

大阪府大阪市東成区東小橋3-19-22 [TEL]06-6224-7418 [営業時間]11時〜13時半LO、15時半〜20時半LO、日・火15時半〜19時半LO ※ランチタイム有 [休日]水 [交通アクセス]近鉄鶴橋駅東改札口から徒歩1分