毎年この時期になると各ホテルで開催されるのが、ストロベリーブッフェだ。全国各地さまざまなホテルが趣向を凝らしたイベントを行っている。そこで2回にわたり、東京と大阪から3軒ずつ厳選し、おすすめのストロベリーブッフェをご紹介。満員御礼の人気ブッフェばかりなので、気になるホテルを見つけたら今すぐ予約を!

イチゴ尽くしで
初春に華を添えて

◆ウェスティンホテル東京 (恵比寿)
「ストロベリー デザートブッフェ」


「ストロベリー デザートブッフェ」は平日限定のお楽しみ。好評につき期間を延長し、2018年4月27日(金)までの開催が決定!

 ウェスティンホテル東京の1階にあるインターナショナルレストラン「ザ・テラス」では、年間を通して多彩なデザートブッフェを開催している。中でも、その華やかさから特に人気が高いのが「ストロベリー デザートブッフェ」だ。

 ピスタチオやアーモンドなどのナッツと合わせた定番系から、ハーブを使用して爽やかな味わいに仕上げたもの、小豆や白玉を使った和風スイーツ、野菜と組合せてサラダ仕立てにしたものなど、バラエティ豊かなスイーツが勢ぞろい。


ブッフェというスタイルを活かし、やさしい甘さやフレッシュな甘酸っぱさなど、旬を迎えるイチゴの魅力をさまざまな楽しみ方で提案する。

 さらに今回はイチゴを使った世界各国のスイーツも登場。メレンゲと生クリームで作るイギリスの伝統菓子「イートンメス」、インドのヨーグルト風味のドリンク「ラッシー」、卵とマルサラ酒で作るイタリア・ピエモンテの名物デザート「ザバイオーネ」など、珍しいスイーツの数々もぜひ堪能して。

ウェスティンホテル東京
所在地 東京都目黒区三田1-4-1
電話番号 03-5423-7778(ザ・テラス/6:30〜23:00)
http://www.westin-tokyo.co.jp/

ちょっぴり不思議で
サイケな世界を表現

◆ヒルトン東京 (新宿)
「ストロベリー・サイケデリック60s」
ストロベリーデザートフェア


2018年のテーマは「ストロベリー・サイケデリック60s」。一世を風靡した60年代のポップアートやファッションから着想を得た、ちょっぴり不思議でサイケな世界をラウンジ全体で表現。

 ストーリー性のあるデザートフェアを2015年から展開し、圧倒的な女子支持率を誇るヒルトン東京の「マーブルラウンジ」では、2018年5月31日(木)までの期間、毎年恒例の「ストロベリーデザートフェア」を開催中だ。

 エントランスを抜けると、そこはまるでアートギャラリーのような空間。ラウンジの入り口からブッフェ全体にカラフルなドットパターンを配し、今年のテーマ「ストロベリー・サイケデリック60s」を表現した店内装飾はインパクト大! さらに2面のスクリーンで展開されるサイケデリックなプロジェクションマッピング演出なども。ほかとはひと味もふた味も違うブッフェが楽しめること請け合いだ。


定番人気から新作まで、エグゼクティブ・ペストリーシェフの播田修氏によるポップなストロベリーデザート約30種類が楽しめる。

 気になるストロベリーデザートは、2017年1月からヒルトン東京のエグゼクティブ・ペストリーシェフを務める播田修氏による、イチゴ好き垂涎のメニューをラインアップ。

 サクサクのアーモンド生地に大粒苺とマシュマロをトッピングした「ストロベリータルト」をはじめとする定番人気メニューに加え、イチゴ、ラズベリー、赤スグリのムースケーキをイチゴ型にした「ベリームース」などの新作も登場。さらには「ストロベリーパルフェ」やプチプチ食感のタピオカ入り「ストロベリーシェイク」などのグラススイーツも見逃せない。

 甘酸っぱいイチゴのデザートとともに、鮮やかでポップなサイケな世界を堪能して。


ほろ苦いチョコレートスポンジに大粒イチゴとホイップクリームをサンドした「オープンフェイスケーキ」。約30種類のデザートのほか、日替わりのサンドイッチやパスタなども楽しめる。

ヒルトン東京
所在地 東京都新宿区西新宿6-6-2
電話番号 03-3344-5111(代)
http://www.hiltontokyo.jp/

創業15周年を記念して
初ブッフェ開催中!

◆ストリングスホテル東京インターコンチネンタル (品川)
「クリスタルプリンセスの苺ランチビュッフェ」


創業15周年を記念したイチゴ尽くしのランチブッフェは、料理&スイーツ約50種類が並ぶ豪華な内容。2018年5月31日(木)までの期間限定。

 今年2018年に創業15周年を迎える、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルでは、創業以来初の試みとなるランチブッフェを開催中。

 5月31日(木)までの期間限定で開催中のこのイベントは、イチゴとクリスタルをテーマにした、その名も「クリスタルプリンセスの苺ランチビュッフェ」。

 創業年数の15(いちご)に合わせて、これからの季節にピッタリなイチゴを贅沢に使用。そして15周年を祝う「水晶婚」にちなみ、煌めくクリスタルをイメージした料理やデザート約50種類をラインアップする。

 「ランチブッフェ」というだけあり、料理・スイーツともに充実しているのが特徴だ。

 約30種類の料理のメインは、目の前でカッティングして供されるローストビーフ。酸味がアクセントになるイチゴのソースが肉の旨味を引き立てる。ほかにもまた、見た目が鮮やかな「タコと苺のカルパッチョ」や「苺のブリーチーズ」などユニークな組み合わせの料理も。


ドレスの形に並べられた「苺のカップケーキ」は、ヨーロッパの苺種「センガセンガナ」のピューレを使用し、見た目も香りも華やかな一品。

 そしてデザートはイチゴ尽くしの15種類。フリードリンクにもイチゴがふんだんに使われている。ゆっくり楽しめるスタンダードな90分制のほか、時間無制限、ドリンクのみのブッフェなど、プランは好みに合わせてセレクト可能。開放感溢れるダイニングで、贅沢なイチゴ三昧のブッフェをプリンセス気分で楽しんで。


大人も心躍る「苺色のチョコレートファウンテン」や新感覚のスイーツ「ポップアイス」を要チェック。ポップコーンにストロベリーのソフトクリームをつけて食す「ポップアイス」は、ポップコーンの塩気とソフトクリームの甘みが絶妙!

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
所在地 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー
電話番号 03-5783-1258(ザ・ダイニングルーム)
https://www.intercontinental-strings.jp/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)