「ブルーノートジャズフェスティバル」ウェブサイトより

写真拡大

 ソニーは米ブルーノートメディアグループとスポンサー契約を結んだ。今春にニューヨーク市に音楽ライブ施設「ソニーホール」を開設するほか、6月に同市で開かれる音楽イベント「ブルーノートジャズフェスティバル」のスポンサーも担う。スポンサー活動を通じ、特に10―20代の若者を中心にソニーブランドの浸透を狙う。契約期間は4年間で、契約料は非公表。ソニーホールの床面積は約1115平方メートルで、立ち見で1000人、着席で500人収容できる。音響や映像など、ソニーの先端技術を使った催しを実施する。