コーヒーを出すソーヤー

写真拡大

 エイチ・アイ・エス(HIS)は30日、ロボットがコーヒーを入れてくれるカフェ「変なカフェ」を先行公開した。同カフェは渋谷駅近くのHIS渋谷本店内に2月1日オープンする。2台のロボットと自動販売機を使い、ほぼ無人で接客できることが特徴。ロボットが接客する非日常を演出して差別化する。毎月2600杯の提供を目指す。

 HISグループはロボットがサービスするホテル「変なホテル」を運営するほか、テーマパーク「ハウステンボス」でもロボットを活用している。こうしたノウハウを生かした。カフェにした理由は、「旅行窓口は待ち時間があり、カフェスペースと親和性が高い」(HIS秘書室)ためという。まず1カ所で運営のノウハウを磨き、将来は他の店舗のほか変なホテルや海外での展開も視野に入れる。

 ロボットは米リシンク・ロボティクスのアーム型ロボット「ソーヤー」と、バリスタマシン「ポアステディ」を採用した。利用者は自販機で飲み物を選びチケットを購入。チケットのQRコードをカウンターの読み取り機にかざしてコップを置くと、ソーヤーがカップバリスタマシンに運び、コーヒー豆を削ってフィルターに入れる。ソーヤーはマシンのボタンを押すほか、ドリップする2、3分の間にちょっとした話もする。できあがると受け取りカウンターにコーヒーを移す。コーヒーは320円(消費税込み)でカフェラテやココアも用意する。フィルターの洗浄もソーヤーが行う。

 システムはグループのハピロボ(東京都港区)が構築した。サービス用途向けの動きや、センサーの使用を抑えること、コスト面に苦労したという。普段は店に人を置かず、清掃や補充で来る程度とする。生産性の高さも利点となる。

 今後はさまざまな展開が考えられるという。今回の店舗は約10平方メートルと省スペースで他店舗にも比較的容易に設置できる。他業態とのコラボレーションのほか「ロボット接客は外国人に人気」(HIS秘書室)として海外展開も検討する。