自民党幹事長時代には「影の総理」と呼ばれた。写真は2000年当時(写真:ロイター/アフロ)

内閣官房長官や自民党幹事長などを歴任した野中広務氏が1月26日、死去した。92歳の生涯は波瀾万丈。地方政治家から国政の主役まで、自民党の中枢を歩んだ政治人生だった。それだけに、野中氏の政治経歴は、この政権党の「強さと弱さ」をくっきりと映し出してもいる。

野中氏は「大正世代」である。1925年(大正14年)の生まれ。戦争の悲惨さを体験し、戦後は京都で園部町議、町長として地方政治を担った。その後は自民党京都府議として、共産党が中心となっていた府政と全面対決。1978年には自民党主導の府政を樹立して、自らは副知事に就任した。「反共」は野中氏の原点だった。1955年に結党された自民党の原点が「冷戦時代の反共」だったことと軌を一にしている。

派閥政治の下、地方議員から自民党の権力者に

1983年の衆院補選で初当選。57歳という「遅咲き」だった。自民党の最大派閥、田中・竹下派で力をつけた。田中・竹下派は、田中角栄、竹下登両氏を頂点とする「族議員の総合病院」と呼ばれた。建設、農業、社会保障、郵政などの官僚OBや専門議員を擁し、所属議員の地元から寄せられる陳情も機能的に裁いた。それが「選挙での強み」にもなり、さらに派閥が拡張していく。自民党の派閥政治の典型であり、「政官業の鉄の三角形」が作られた時代だった。それは、政治と行政が高度経済成長を牽引した枠組みでもあった。その中で、野中氏も建設、農業、郵政などの分野で「族議員」として活動を続けた。

1987年には竹下氏が首相に就任。野中氏は「若手」として政権を支え、消費税導入などの成果をあげた。しかし、政官業の癒着は、リクルート事件などさまざまなスキャンダルを引き起こす。派閥政治の根源と言われた衆院の中選挙区制が批判され、政治改革論議が高まる。一方、世界的には米ソの冷戦構造が崩壊。「ソ連と対抗する防共の砦」としての日本の役割が大きく変容する。

そして、ついに1993年の総選挙で自民党は敗退。結党以来、初めて政権の座から下りた。野中氏にとっても大きな挫折であった。しかし、野中氏は、類いまれな情報収集力を発揮。竹下派を出た小沢一郎氏が牛耳る細川護熙非自民連立政権を徹底的に攻め立てた。細川政権は8カ月で倒れるが、政治改革は実現。衆院に小選挙区比例代表並立制が導入される。派閥政治は根っこから変革を迫られ、自民党は政権交代の可能性がある政治システムに組み込まれていく。

経済面では、バブルが崩壊し、高度成長の時代が終焉。新しい経済社会のあり方を模索すべき時代だったが、自民党は具体的な進路を打ち出すことができなかった。1994年、野中氏は、加藤紘一、亀井静香両氏らとともに非自民政権に代わって村山富市社会党委員長を首相とする自民、社会、新党さきがけの連立政権を樹立。自民党が長年のライバルだった社会党と連立を組むという「奇策」だった。

ただ、野中氏はこの政権の中で自治相など要職を務め、加藤氏との親交を深める中で、加藤氏流のハト派リベラル路線を身につけていった。戦争体験に基づく平和への思いや地方政治家として学んだ弱者への配慮といった個人的経験が、加藤氏との交流で「理論化」されていった。

1998年、野中氏は小渕恵三内閣の官房長官に就任。沖縄問題などに尽力する。ただ、自民党は参院で過半数を持っておらず、政権は不安定だった。そこで野中氏は、宿敵の小沢氏率いる自由党との連立を実現。その後、公明党も加えた自民・自由・公明連立政権となる。野中氏は政権を安定させることで、消費税率の引き上げや社会保障の拡充などを狙っていたが、小渕氏が病気で倒れたことで、その構想が実現することはなかった。

2000年秋、加藤紘一氏が森喜朗首相を倒そうとした「加藤の乱」で、自民党幹事長だった野中氏は盟友の加藤氏と対立。加藤氏の支持グループを個別に揺さぶり、乱を鎮圧した。小選挙区制の下で、自民党の執行部は公認権や政治資金の配分など強大な権限を持っており、野中氏はその権限をフルに活用した。もともと小選挙区制には批判的だった野中氏だが、この時は、小選挙区制によって助けられたという皮肉なめぐり合わせだった。

小泉政権を批判、失意のうちに引退

2001年に発足した小泉純一郎政権で、野中氏は非主流の立場に置かれた。それでも、小泉氏が米国のイラク戦争に支持を表明した際には強く批判するなど、存在感を示した。野中氏は2003年、失意のうちに政界を引退。一方、小泉氏は小選挙区制下の党執行部の強みを最大限利用して、郵政民営化を掲げた衆院解散・総選挙で反対派を一掃。反主流派は動きを封じられた。

自民党は2009年に民主党に敗れて下野するが、2012年には政権に復帰。安倍晋三首相の「一強政治」が続いている。野中氏は2011年に自民党を離党、2016年に復党した。今の自民党には、野中氏のような存在感のある、捨て身の政治家の姿は見られない。

自民党も戦後日本も、反共と右肩上がりの経済の時代には、一本調子の強さで生き抜くことができた。野中氏が地方政治家から中央政治家の主流派に上りつめる時代でもあった。その後、冷戦と高度成長が幕を閉じて、自民党も混迷の時代に入る。野中氏も小沢氏と全面対決したり、ひれ伏したり、官房長官や幹事長として政権を仕切ったり、小泉氏との対決に敗れたりといった波乱の日々を過ごした。

晩年の野中氏の口癖は「日本は戦争だけはしてはいけない」「政治は弱い人のためにある」だった。そんな野中氏の思いを受け継ぐ政治家が少なくなっていることが、いまの自民党の「弱さ」のように見える。