高学歴・高収入・男性に引けを取らない仕事への情熱。

都内の高級エリアに住み、欲しいものは何でも自分で買うことが出来、食事は本当に美味しいものしか食べたくない。

にゃんにゃんOLのように自分の生活を誰かに変えてもらおうと、必死で結婚相手を探す必要もない。

そんな無敵のような女に訪れた苦難。あなたは、どう感じるだろうか?

日系の証券会社で働く湯川可奈子(34歳)は、まさにそんな女性の一人だった。そんな可奈子が理想通りの結婚を実現したが、その先はキャリアと子供に悩まされることになるのだった…。




海外赴任の辞令は突然に


「湯川。実は、来週の人事異動で湯川のNYへの異動辞令が出ることになった。」

その言葉を聞いた可奈子は、ビックリしすぎて一瞬事態が飲み込めなかった。

「え、私がNYですか?」

「うん、そう。ずっと海外に行きたいって希望していただろう。湯川にはいつも人一倍働いて貰ってるし、次の海外駐在員の派遣がある時には送りたいと推薦してたんだ。」

「そうだったんですか…。それは、どうもありがとうございます…」

確かに可奈子は、ずっと海外異動を希望していた。だけどそれは結婚する前の話だ。今になって、そんな辞令がでるなんて…。

可奈子は、夫の清(きよし)の顔を思い浮かべると、すぐに返事ができずに固まってしまった。

大学卒業後から日系の証券会社で働いている可奈子は、投資銀行部門で、忙しくも充実した日々を送っている。あるディールで知り合った、会計のグローバルファームに勤務する清と結婚したからだ。

6歳年上の清は優しくて包容力があり、仕事熱心な可奈子をいつも応援してくれている。お互い忙しい中時間を作り、仕事帰りに待ち合わせて食事をしたり、毎週のように週末旅行をしたりと、可奈子は今が一番幸せと言い切れるほどだ。

そんなある日、可奈子がいつものようにオフィスで黙々と仕事をしていると、上司の橘からランチに誘われた。

橘は3年前に外資系の大手金融機関から転職してきた直属の上司で、鮮やかな仕事ぶりや外資系企業独特の感覚が可奈子にとっては新鮮で、日頃から信頼を寄せている。

その橘から、ブリックスクエアの『mikuni MARUNOUCHI』でスパークリングウォーターを飲んでいる時にNY赴任の話を切り出されたのだ。

以前の可奈子であれば、飛び跳ねて喜んでいただろう。だか、今はそんなタイミングではない。

すぐに返事が出来ず言葉に詰まる可奈子を見て、橘は言った。

「とは言っても、湯川も結婚したし、家族のこともあるだろうから、ちょっと相談してみてくれる?僕としては、行って貰ったらいいと思っている。だけど色んな事情で難しいようなら、それはそれで、湯川の意思を尊重するつもりだから。」

「ありがとうございます。主人と相談してみます。」


辞令を聞いた可奈子の心境は?


橘を前に、可奈子はしばし考える。

10,000人以上いる社員の中で、このチャンスに恵まれる人間は一体何人いるのだろう?

そんな限られたポジションに自分が相応しいと思って貰えたことが、素直に嬉しかった。

昔から、自分から周りにアピールするタイプではない可奈子は、口には出さないが自分の働きがちゃんと評価されているのか不安を感じることがあった。

―ちゃんと見ててくれた人がいたんだ。

嬉しさで自然と目頭が熱くなった。それと同時に、もっともっと頑張らないとな、と可奈子の内なる闘志に火がついた。

食事をしながら、橘はかつて自分がNYで働いていた時の話を色々としてくれた。

当時は寝る間も惜しんで働き、複数のディールを成約させたらしい。

「ディールが人を成長させる。間違いなく仕事は大変だけど、なるべく多くの案件を経験出来る場所に身を置けば、ぐんぐん成長出来ると思うよ。」

「家族を帯同してもらってもいいし、もし単身赴任だったら、夫婦で周辺の国を旅行したり、色々と楽しんでもらいたいと思う。」

橘は熱心に可奈子にNY行きを勧めた。

―橘さんは、本当に私のことを推薦してくれてたんだ…。

やや説得しにかかるような口調が、可奈子にそう感じさせた。

きっとこの辞令が出るからには、推薦していた部下が行かなければ、橘にとっても面倒な事になるに違いない。

自分の決断で尊敬する上司に迷惑をかけたくはなかった。



「…何で、今なの〜?」

食事を終え、別件があるという橘とブリックスクエアで別れた後、可奈子は一人になった途端、思わず呟いてしまった。

だが、1年前にこの辞令が出ていたら清とは出会えなかった。そう考えると今辞令が出たことがありがたくも感じられた。

ーもしかすると、まだ子供もいない今がラストチャンスなのかもしれない。

ー行きたいって言ったら、清は何て言うんだろう…

可奈子の夢だからと応援してくれるかもしれない、と淡い期待を抱きつつも、きっと奥さんが単身海外に行くなんて嫌に決まっている、と不安になる。

それに橘は、行かないという決断をしたとしても可奈子の意思を尊重すると言ってくれたが、その言葉をどこまで鵜呑みにしていいのだろうか。ドメスティックな会社で辞令を断るなんて、許されるとも思えなかった。

チャレンジしたいという思い、断ることへの不安、自分を推薦してくれた上司への義理…

可奈子の頭の中を物凄いスピードで色んな思いが駆け巡っていた。

ーとにかく、清と話してみるしかない。

可奈子は思いきり息を吐き出し、携帯を取り出して清にメールを送った。




“帰ったら重大な話があるの”

それだけ送信すると、可奈子はまた歩きだした。


新たな仕事への挑戦を諦められない可奈子。夫・清の反応は?


その夜、清はいつもよりも早めに帰宅した。ただならぬ雰囲気を察したのか、神妙な面持ちだ。

可奈子もいつになく真剣な表情で清に向いて座り、少し震えながら口を開いた。

「実は今日、異動の内示が出たの。それでね、異動先がNYだったの。」

清の顔が、みるみる蒼くなっていく

「え?で…、どうするつもりなの?」

「辞令だし、行くしかないと思ってるんだけど。」

「そりゃ勿論働いてる以上、異動辞令が出たらどこへでも行くのは当たり前かもしれないけど、行く先がNYだったら話は別でしょ。僕たちの今後への影響が大き過ぎるよ。」

清はそう言い終えると、大きく息を吸ってさらに続けた。

「子供はどうするつもりなの?二人とももう若くないし僕としてはすぐにでも作りたいと思ってるのに。」

「子供はいつか必ず産みたいと思ってるよ。でも、これがラストチャンスだと思うの。もし子供がいたらこの話は諦めるしかなかったけど、今ならまだ子供もいないし…子供はいつか必ず産むって約束するよ。でも少し待って欲しいの。」

感情的にならないよう、可奈子は自分の気持ちを淡々と伝える。だが清は、到底納得がいかないという顔を崩さない。

「僕だって二人がもしあと5歳若かったらこんな事は言わないよ。」

「じゃあ例えばさ、子供が出来るまでの夫婦の時間をもっと楽しんだりできない?私がNYに行ったら二人で海外で待ち合わせて、色んな所に旅行したり。私はもっとこの機会に、普通じゃ経験出来ないことを二人でしたいんだけど。」

「僕は普通じゃ経験出来ない事なんて別にしたくないんだ。普通の家族になりたいんだよ。」

普通の家族になりたい。そう言われて可奈子は返す言葉が見つからなかった。

清も今後の人生で国内外どこへでも異動する可能性がある。可奈子だって同じだ。夫婦で同じように働いて所謂普通の家族のように一生一緒に暮らすなんて、そもそも出来るのだろうか?

どんな環境でも支え合って一生を共にするパートナーでありたいと願うのは、我儘なのだろうか?

言葉にできない思いを、可奈子はぐっと飲み込む。




清はいつもは可奈子の良き理解者で、可奈子のやりたい事に真っ向から反論する人ではない。

そんな清がこの件については頑として譲らない。

それが余計に、清が本当に早く子供を欲しいと思っているのだと可奈子に感じさせた。

大切な人の悲しむ顔は見たくない。

だがそのために自分が一方的に諦めて、果たして幸せな家族になれるのだろうか?

不安そうな清の顔を見つめながら、お互いが納得出来る着地点は一体どこなのだろう?と、可奈子は返す言葉を見つけられずにいた。

しかし、この先の子供を巡る話し合いは夫婦の間だけの話ではなくなって行くのだった。

▶NEXT:2月7日 水曜更新予定
可奈子と清の話し合いの行方は?




あなたの結婚観教えてください!​
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>