石畳の情緒が楽しい神楽坂。美食のお店が点在するこのエリアで、いま注目を集めているビルがあるという。1階から3階まで、ジャンル違いでいい店が揃っていると話題だ。

神楽坂通から本多横丁に入り、1分ほど歩いた場所。少し奥まった箇所にあるビル『つなしょうテラス』には、一体どんなお店が入っているのか。

しかも、今回は1階の『レ・ピコロ』において、特別に速水もこみちさんによるレポートも敢行した!



まずは、1階の『レ・ピコロ』をご紹介! 深夜2時まで営業と、夜が早い神楽坂では貴重な深夜の美食処。

バルのような気軽さと王道ビストロメニューという、カジュアルときちんとのバランスが絶妙なお店だ。




神楽坂で深夜までは珍しいワインも料理も豊富で何度も訪れたくなる
1階『Les Picolos』

花街の艶っぽさと、日本情緒を漂わせる神楽坂。ここに通う人々には、他人には教えたくない自分だけの一軒がある。

「街に歴史がある神楽坂は、落ち着きがありますね。20代の頃に遊んできた街とはまったく趣が違います。30代になって、大人としていきつけにしたい店をもつには、ちょうどいい街じゃないかな」。



カウンターも人気で、夜な夜な常連が集い、盛り上がることも

繁華な表通りからは見えない場所に、ポツポツと感じのいい店が点在する神楽坂。背伸びして料亭に通うほどではないけれど、ひとりで息抜きができる店を探すにはまさにうってつけ。

神楽坂のメインストリートのひとつである本多横丁に面していながら、奥まった場所にある『レ・ピコロ』もそんな店のひとつ。

神楽坂の人気店『ヴィアンド』の姉妹店として、昨年の4月にオープンしたお店だ。



鴨や豚肉、フォアグラなどをパイ生地で包んだ「パテ・アン・クルート(M)」(¥1,880)

猯鼠はレストランのクオリティ、でも価格はバルのように気軽に〞というコンセプトで、パテ・アン・クルートのように手の込んだクラシックなフレンチから、低温調理を駆使したメインディッシュまで、自在なメニュー構成が人気だ。

しかも可能な限りハーフポーションにも対応してくれる。しっかり食べたいときも、ワイン一杯だけというバル使いもどちらもできて、かつ深夜まで営業。

夜が早い店が主流の神楽坂で、深夜のカウンターひとりメシのオアシスになっている。



グランオイスターマイスターが厳選した各地の牡蠣。「生牡蠣のレモン添え+ 生牡蠣のウニのせ」(¥850) 。1ピースからオーダー可



〆に人気の「黒トリュフのリゾット(2人前)」(¥1,680)。クリーミーなリゾットに粒胡椒がピリッとしたアクセントを加える



「お客さんとの距離が近い、オープンキッチンがいいですね。メニューも多くて、ヘビーローテーションしても飽きないし、グラスワインが多いから選ぶ楽しさがありますね」。

そう、深夜であっても、ひとりでも、ある程度のわがままが利くというのはいきつけにしたい店のマストな条件。大人が遊ぶ街の頼りになる一軒といえる。



■プロフィール
はやみ・もこみち 1984年生まれ、東京都出身。日本テレビ系『ZIP!』内の“MOCO'Sキッチン”に出演中。DVD&テキスト『速水もこみちのクッキングマイスター講座』が「資格のキャリカレ」にて販売中。

■衣装
ジャケット¥155,520、ニット¥64,800、バンダナ(スニーカーセット含む)¥79,920〈すべてゴールデン グース デラックス ブランド/トゥモローランド TEL:03-5456-106〉シャツ¥19,440〈ネサーンス/レイク・タホ TEL:03-5708-5757〉

■クレジット
Photos/RYOHEI WATANABE, Styling/FUYU, Grooming/Yohei Akazawa, Text/Jun Okamoto



2階と3階は、また趣向を変えた和の名店がそろう!



端正な懐石料理と日本酒の秀逸なペアリング
2階『ふしきの』

2階の『ふしきの』は、昨年4月に近所から移転してきた日本酒好きが認める人気店だ。

京都の建築家が手がけたという店内はモダンと伝統のバランスが絶妙。屋久杉の木目を生かした天井にも目を見張る。

写真に映るのは、手前から料理長の荒巻吉男さん、奥が店主の宮下祐輔さん。



自家製のカラスミなどが盛り込まれた八寸に合わせるのは、スッキリした「酔鯨特別純米酒しぼりたて生酒」としっかり系の「無窮天穏」

京懐石出身の料理長が作るのは折り目正しい和食。それが気負いなくいただけるのも、カウンターというスタイルのおかげだ。

店主の宮下さんが選ぶ日本酒のペアリングが評判で、温燗や熱燗、時に冷酒と温度帯のバリエーションを交えながら日本酒の懐の深さを披露する。



白子と揚げた京いも、花びら茸のすり流し椀。料理はコース¥12,000。日本酒ペアリング¥4,000

料理に寄り添う日本酒だからこそ、杯は進み、気付けばほろ酔いで会話も弾む。最後は目の前で点てる抹茶とお菓子という女心をくすぐる雅なフィナーレ。

店を後にする頃には、体も適度に温まり、至福の余韻に浸れる。神楽坂随一の日本酒処は、確実に貴方の株を上げてくれる。




ワインと焼き鳥を客筋のいい大人の空間で
『焼鳥うぐいす』

3階にあるのが『焼鳥うぐいす』。窓の向こうには坪庭を模した黒塀のテラスが広がり、空へ抜ける空間が、都心にいながら開放感を際立たせる。

実はここ、神楽坂で人気の焼鳥店『YAKITORI 葵』の姉妹店。常連客から「ぜひ落ち着いて大人が飲める場所を」というリクエストを受けて、離れのような立ち位置で誕生した。

大谷石を使った床やL字のカウンターが風情を感じさせる。

立地柄、一見で訪れる人は少なく、人づての来客が多数。客筋も良く、大人が憩える環境を重視している。



プリッとしたレバー。タレは九州の甘口の醤油を使い、砂糖は不使用だから上品な甘さ。スダチの皮で香り付けしたせせりは塩で

シックなカウンターはワインバーのようでもあり、本格的な炭火焼きでありながら空気は鮨店のようにクリーン。ブルゴーニュやボルドーなど、上質なワインと焼き鳥のタレとのマリアージュも堪能したい。

帰りの階段では、しっかり手を握ってエスコートを。石畳がふたりの余韻を受け止めてくれるはず。



前菜三種。内容はその時々で替わる。うぐいすコース¥6,500より




本日発売の月刊誌「東京カレンダー3月号」は一冊すべて、神楽坂特集!

まだ神楽坂が残っていた!32歳からはこの街で大人の階段を上る


社会人10年目=32歳、今こそ神楽坂を知ろう!そのヒントが最新号「東京カレンダー3月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は1/20(土)!




あなたの結婚観教えてください!​
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>