SOCINNOは、スマートリモコン「sRemo-R」をAmazon.co.jpの同社直販ストアで発売した。価格は6800円(税抜)。

 「sRemo-R」は、スマートフォンアプリから操作する学習リモコン。141ボタンを備え、テレビやエアコンなど、あらゆる家電の赤外線信号を学習できる。1ボタンに付き最大16ステップのマクロ登録も可能。

 赤外線信号のプリセットをユーザー間で共有できる独自のクラウドサービスも用意し、リモコン本体がなくてもクラウドから学習させられる。スマートフォンとはクラウド経由で連携し、出先からの操作も可能。

 スマートスピーカーとの接続にも対応。IFTTTとAmazon Alexaスキルをサポートし、「Google Home」や「Amazon Echo」から声で操作できる。IFTTTを利用することで、時間に応じた制御、操作後の通知送信といった自動化も対応する。

 本体には温度、湿度、照度センサーを搭載。ライトやエアコンなどの制御状況を確認できるほか、設置場所の環境をグラフで確認できる。赤外線LEDを7基搭載し、全方位の送受信が可能。

 アプリは当初、iOS版のみが提供される(iOS 9.0以上をサポート)。Android版は、2月に提供される見込み(Android 4.1以上をサポート)。ネットワークへの接続は2.4GHz帯のWi-Fi(IEEE802.11b/g/n)で行う。

 電源はmicroUSB端子より取得する。スマートフォン用の5V/1A対応のUSB-ACアダプターを使用可能。メーカー製の電源アダプターも別売で提供される。本体の大きさは約80✕43✕18mm、重さは約32g。カラーはレッド、シルバー、ブルーの3色をラインナップする。

 なお、Amazon.co.jpの同社直販ストアでは、1月30日19時現在で在庫切れの状態となっている。同社はホームページ上で追加分の在庫の出荷状況を公開している。