アトレチコFWトーレス、33歳の悲壮な覚悟吐露 「自分にとって最後のゴールかも…」

写真拡大

今季リーグ戦3回目の先発出場となったラス・パルマス戦でゴールを記録

 “神の子”としてスペインで愛されるストライカー、アトレチコ・マドリードFWフェルナンド・トーレス。

 今年3月で34歳を迎えるベテランは今もなお存在感を放っているが、自身の年齢や境遇もあってか、「このクラブでプレーする全ての試合は、自分にとって最後のゴールになるかもしれない」と覚悟を持って戦っているという。スペイン紙「AS」が伝えている。

 トーレスがきらめきを見せたのは、現地時間28日のリーガ・エスパニョーラ第21節ラス・パルマス戦でのこと。エースのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制したアトレチコは、後半28分に味方のパスを受けたトーレスが正対するマーカーをドリブルでかわし、豪快に右足を振り抜いて追加点をゲット。3-0の勝利に貢献した。

 リーグ戦今季2点目は全盛期を思わせるかのような一撃となったが、トーレスの境遇はかつてとは違う。「僕はリーガのスターティングラインアップ(先発)に入ったのは今季三度目だった。明らかに、それは僕が今まで慣れていたものと違う」とグリーズマン、フランス代表FWケビン・ガメイロらの台頭によって、序列が下がっていると痛感している。それゆえ、悲壮な決意を持ってプレーいることも明かした。

「チャンスを待って、準備をしておかないと」

「でも、いつも言っているように、僕は次の試合に出る機会が得られるように闘って、ハードワークするほかないよ。謙虚にチャンスを待って、準備をしておかないと。このクラブで出場する全ての試合、そして挙げたゴールは僕にとっては最後になるかもしれないと思っている。だからこそ特別なんだ」

 トーレスは「言い訳を作ることは、何も良いことじゃないからね」とも言及。そして、「このクラブの見据えるところとして、僕らは全力を尽くして、できる限り可能な目標を持たないといけない」と勝ち点11差の首位バルセロナ追撃を諦めていないことを口にした。

 EURO2008と2012の連覇、2010年の南アフリカ・ワールドカップで活躍したトーレスは雌伏の時を過ごしたこともあった。その悔しさをバネに再び輝くことはできるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images