東京ディズニーシー「ピクサー・プレイタイム」2018年 ©Disney/Pixar(撮影/YOSHI)

写真拡大

遠方から東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)へ行くとき、少しでも交通費を安く抑えられると嬉しいですよね。

【保存版】忘れ物はない? 東京ディズニーリゾート旅行の持ち物リスト

交通費が安く、朝から遊ぶことができる交通手段のひとつが、夜行バスです。

元遠方組で何度も夜行バスで東京ディズニーリゾート(TDR)へ通った筆者が、夜行バス利用時の持ち物と、注意点をまとめました。

夜行バスを活用して、ディズニーを満喫しましょう!

夜行バス利用時の持ち物

夜行バスに乗るとき必要なもの、あると便利な持ち物です。

・乗車券/予約確認メール(ネット予約の場合)/領収書
・マスク
・ネックピロー/フェイスタオル1〜2枚
・ストール(春〜初秋)/マフラー(秋〜冬)
・制汗シート(夏)/使い捨てカイロ(冬)
・アイマスク
・耳栓
・メイク落としシート
・歯ブラシ
・コンタクトレンズ/メガネ
・くつ下/携帯用スリッパ
・ペットボトル飲料

マスクは、車内の空気乾燥で喉を痛めないため、また寝顔・すっぴんを隠す意味でも活躍します。

ストールやマフラーは、夏場は冷房の効きすぎ、冬場は暖房の効きすぎ/効いておらず寒いといったことが考えられるので、温度調整ができ、現地でも使えてかさばりにくいので持参をおすすめします。(バスによっては膝掛けを用意していることも。事前に確認しましょう)

また、首と腰の隙間を埋めるために、フェイスタオルかネックピローを持参しましょう。

夜行バスは、180度リクライニングにならないですし、いつもと違う環境で就寝することになるので、ぐっすり眠れないことも十分に想定されます。

首や腰と座席の隙間は結構気になるもので、眠れない要因になります。

空気式のネックピローならかさばりませんし、なければフェイスタオルを巻いて首と腰に入れるだけで、断然快適に休めますよ。

車内で、ブーツなどの靴のまま過ごすのは疲れますので、携帯用スリッパと、足を冷やさないようにくつ下も持っていきましょう。

上記荷物は小さなトートバッグや紙袋に分けておく

荷物はトートバッグやリュックサックにまとめていると思いますが、上記荷物に貴重品やスマホ、ハンカチ、ティッシュは事前に小さなトートバッグか紙袋に分けておきましょう。

バッグの中身をガサガサする音は、周りの方は結構気になります。

また消灯後は真っ暗なので、探すのに手間取ってしまうこともあります。

車内ですぐに取り出したいもの、貴重品は手元の見える位置で管理し、リュックサックは上の荷物置きや足元に置いておくといいでしょう。

夜行バス利用時の注意点

夜行バス利用時、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

スーツケースは乗車前に下のトランクに預ける

スーツケースや大きなバッグは、乗車前に下のトランクに入れてもらいましょう。

トランクに預ける荷物は、ファスナーでしっかり閉じられるものを使用してくださいね。

口が空いていると、大きな荷物でもトランクで預かってもらえない場合があります。

バス会社によって、トランクで預かる荷物の大きさや個数が制限されていることもありますので、事前に確認しましょう。

また、トランクの荷物は何かあっても会社側で責任を追いません。(こちらも利用前に会社の規約を確認してください)

貴重品は手元で管理しましょう。

食事は乗車前に済ませておくのがベター

車内で軽食を食べることについてです。

正直なところ、おすすめしません。

なぜかと言いますと、結構におうから。

温かなファストフードは非常ににおいますし、コンビニで購入した五目おにぎりでさえも結構周りではにおいを感じます。

これから長時間過ごす車内での食事のにおいは、食べている本人は気になりませんが、他の乗客には結構気になる事案です。

できれば、乗車前に食事を済ませておくことをおすすめします。

車内で食べるなら、消灯前に済ませておきましょう。

コンビニおにぎりの袋を開ける音、のりのパリッとしたいい音は、眠っている方の迷惑になりかねません。

消灯後は極力スマホを使わない

消灯後の真っ暗な車内では、スマホやポータブルゲーム機の利用はできる限り控えましょう。

ライトを一番暗くした状態での使用も、周りから見ると非常に気になる明るさです。

できれば消灯後は、スマホの利用は少なめにしておきましょう。

マナーモード(バイブを切ったサイレントモード)への設定もお忘れなく。

車内での通話は厳禁ですよ!

ゲーム機や音楽プレーヤーの音漏れに注意

イヤホンをしていても音漏れする可能性がありますのでご注意ください。

シートを倒すときは後ろの方に一声かけましょう

座席シートを倒すときは、後ろの方に一声かけましょう。

(会社によっては運転手さんの一声で一斉に倒すなんて話も? )

消灯後の会話は控えましょう

友だちとディズニー旅行は、テンションが上がっていろいろ話したくなる気持ちは分かります。

ですが、周りの方は眠っていますので、車内での会話は小さな声で、消灯後は会話を控えて休みましょう。

快適に過ごすためのコツ

バス車内で快適に過ごすために、以下のコツも実践してみてくださいね。

乗車前に化粧を落とす

化粧をしたまま眠るのは肌に悪いので、乗車前に化粧落としシートで落としておきましょう。

マスクをすればすっぴんも隠せます。

朝の化粧のタイミングは?

朝のお化粧のタイミングですが、もしサービスエリア休憩時に起きていたら、歯磨き、洗顔は済ませておくといいでしょう。

残りは着いてから、お手洗いで。

くれぐれも長時間鏡の前を占拠しないようにお願いしますね。

サービスエリア休憩時に体を動かす

こちらも起きていたらでいいのですが、サービスエリア休憩時に一旦下車して、体を動かしましょう。

狭い車内で長時間移動することは、やはり疲れます。

少し伸びをするだけで、気分もスッキリしますよ。

お手洗いも済ませておくと安心ですね。

ディズニー旅行の持ち物は?

ディズニー旅行に必要な持ち物は、ウレぴあ総研ディズニー特集内の記事、「【保存版】忘れ物はない? 東京ディズニーリゾート旅行の持ち物リスト」にまとめています。

こちらもぜひご活用ください。

スペシャルイベントを楽しもう!

※以下は記事執筆時点(2018年1月〜3月)のイベント情報です

東京ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」を、東京ディズニーシーでは「ピクサー・プレイタイム」「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」を開催中です。(いずれも2018年1月11日(木)〜3月19日(月)まで)

可愛い身につけグッズが多数展開されています。

お揃いで買ってよし!

イロチ買いもよし!

限定グッズでも、レギュラーグッズでも!

お好みのグッズでおしゃれして、パークを楽しんでくださいね!

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります