最新の情報も得られる妊活セミナー(depositphotos.com)

写真拡大

 10組のカップルのうち2〜3組は不妊で悩んでいるとされる現代。結婚年齢が高くなり、妊娠・出産を考えるのが、妊娠率が低下し始める30代半ばを過ぎてからという事情が、その背景にあるのかもしれない。

 そんな状況下にあって、不妊治療を考え始めたカップルが、まず足を運ぶのが、さまざまな医療機関で開かれている「妊活セミナー」だ。先進的な取り組みで高い妊娠率を誇る、京野アートクリニック高輪(東京都港区)の妊活セミナーの内容を最新の知見も含めレポートする。

聴講者の9割はカップルで参加

 妊活セミナーというと「参加者の大半は女性では?」と想像していたが、会場に詰めかけたのは、30〜40代のカップルがほとんど。「不妊の原因は男女で半々」というのが知られるようになったからかもしれない。セミナーのプログラムは、京野廣一理事長のお話が40分、質疑応答が20分という構成。男性からも質問が盛んに飛んでいた。

 京野アートクリニックは、1995年に仙台で不妊治療の専門医療機関として診療を開始。これまでに1万人以上の妊娠/出産を手がけている。またJISART(日本生殖医療補助医療標準化機構)から、一定の水準を満たしている高度生殖医療(ART)を提供していると認定をされているのも大きな特長だ。

 日本ではARTを実施している医療機関は574あるが(2014年、日本産科婦人科学会調べ)、JISARTから認定を受けているのは30施設にすぎない。不妊治療を手がける医療機関のレベルには、それだけバラツキがあるのかもしれない。

世界で初めて体外受精により産まれた女性

 セミナーの冒頭では、1978年に世界で初めて、体外受精により産まれたルイーズ・ブラウンという女性の紹介があった。ルイーズさんは、28歳のときに自然妊娠により子どもを授かっており、体外受精により生まれた子どもの妊娠する力には問題ないことが証明された。

 そして「タイムラプス・インキュベーター」が、全ての人に利用できるようするための説明が続く。

 タイムラプス・インキュベーターとは、体外で受精させた受精卵(胚)を育てる、最新型の胚培養器のこと。受精卵継続培養観察システムともいう。タイムラプスは、培養器の扉を開かなくても15分おきに胚の様子を撮影・観察できるため、温度変化やPH変動といった胚にとってのストレス要因を低減することができる。

 またタイムラプスの撮影記録により、胚の成育過程からも良好胚を選択することが可能だ。このタイムラプスを導入している医療機関はそれほど多くなく、このクリニックのように全員が利用できるというのは、少しでも妊娠率を上げたい患者さんにとっては朗報である。

 さらに、検査培養器で育てた良好胚を子宮に移植しても、なかなか着床しないケースがある。その主たる原因としては、胚の染色体異常が考えられる。その他にも「移植するタイミングあってないのでは?」ということが原因としてあることが分かってきた。このタイミングを俗に「着床の窓(ウィンドウ)」と呼んでいる。この窓が開いていないと、いくら良好胚を移植しても着長には至らない。

 着床のタイミングがあっているかどうかを調べる検査が「子宮内膜受容能検査(ERA)」だ。検査結果では25%の患者さんで「非受容的」、つまり胚移植の予定日に子宮内膜が受精卵を受け入れる状態になかったという。医師の経験と勘に頼る部分が大きかった移植のタイミングだが、なかなか着床しない場合には、ERAを受けて着床の窓がいつ開いているのかを調べてみるのもいいかもしれない。

子宮内にもフローラ!?着床に影響がある?

 腸内フローラはよく知られているが、実は子宮内にもフローラが存在するという。体外受精により妊娠/出産できた女性の子宮内には、ラクトバチルス菌が多数を占めていた。しかしなかなか妊娠しなかった人の場合は、その他の菌のほうが多かった。子宮内の菌の構成を、次世代シーケンサーで解析することで妊娠しやすい子宮内環境を作るようにしているという。

 子宮内フローラとは異なるが、子宮内に銅が付着すると着床しにくくなるという。「銅は少なく、亜鉛は多め」が着床に適した子宮内環境とのこと。これも検査で調べることができる。

 山本モナさんが告白したことで有名になった多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。片方の卵巣だけで10個以上の未成熟卵子ができ、成熟卵子が得られにくい。そのため不妊に悩む人は多い。通常、PCOSの治療では、飲み薬のクロミッドやFSHの注射薬などを投与することで、卵子を少しずつ成熟させて採卵する方法をとることが多いが、京野アートクリニックでは、未成熟卵子を体外へ取り出して培養(IVMという)。成熟卵子へ育ててから体外受精を行っている。妊娠率も良好とのこと。IVMを行っているのは、日本でも3施設しかない。

 注射薬などで卵巣刺激を行うと、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が生じるリスクもあるが、この体外培養ならその心配はない。PCOSでなかなか妊娠まで辿り着かないと悩んでいるのなら、未成熟卵子の体外培養という方法もひとつの選択肢だ。

 冒頭でご紹介したルーズ・ブラウンさんの母親は、卵管が完全に閉塞していたため、体外受精により妊娠した。しかし現在なら、卵管鏡下卵管形成術(FT)という治療を受け、自然妊娠が可能だったかもしれない。FTは、カテーテルを子宮から卵管まで入れ、その後、カテーテル内にバルーンとよばれる管を通す。バルーンの中には卵管鏡がついていて、閉塞・狭窄部位を見つけながら拡張することができる。つまり、詰まっていた卵管を通すことができるのだ。

 2016年にこの治療を受けた136人のうち、27名は一般不妊治療(タイミング療法・人工授精)により妊娠している。男性側が不妊の原因となっているのは、全体の40〜50%といわれる(男女で40%ずつ、双方に原因がある場合が20%)。男性の不妊検査というと、一般的には精液検査により精子の数や量、運動率などが調べられる。しかしまれに、脳の下垂体に原因がある場合などもあり、身体全体で判断することが重要となる。

 男性不妊の原因は大きく分けて、無精子症、精索静脈瘤、ED・腟内射精障害となっている。無精子症や精索静脈瘤が原因の場合、泌尿器科との連携が不可欠になるので、院内に泌尿器科の専門医がいると、女性の採卵日と男性の手術日(TESEなど採精手術)を同日にすることができるなど、治療上のタイムロスを防げる。

 また、人生に無精子症の患者の場合には、新鮮な卵子と新鮮な精子の組み合わせによる治療成績が最も治療成績が良いことも、過去900例以上の精巣内精子回収術の結果から紹介している。

妊孕性を残すために、卵子・受精卵・卵巣凍結も

 妊孕性(にんようせい)とは、妊娠のしやすさ、妊娠する力のこと。年齢を経るごとに、卵子の質、数とも低下する。結婚はしているけれど、現在は子どもをまだ望まない場合は、受精卵の凍結が1番目の選択肢となる。

 また、がんなどで化学療法や放射線療法を受ける場合、あるいは現段階ではパートナーがいないけれど、将来は子どもを持つことを望んでいる場合などでは、卵子や卵巣自体の凍結が選択肢となる。

 卵巣凍結とは、がんの治療などで卵巣機能を失う前に、卵巣自体を取り出し凍結保存。がんの治療後に卵巣を再び体内に戻すというもの。特にがんの治療開始まで時間が短い場合、卵子を採卵するには卵巣刺激を行ったり準備に時間がかかったりするため、卵巣自体の保存が選択されるケースがある。妊孕性はいちど失ったら取り戻せないので、化学療法などを受ける前に、主治医とよく話し合うことが大切となる。

 ルイーズ・ブラウンさんが誕生してから、40年。現在は、新生児のうち20人に1人が体外受精により誕生しているとされる。努力したからといって必ずしも結果が伴うわけではないのが不妊治療だが、生殖医療の進歩は、子どもをなかなか授かれないカップルにとって大きな福音となっていることは確かだ。不妊で悩んでいるカップルは、まずは気軽に、妊活セミナーに出席してみてはどうだろう。抱えているものが整理されたり、気づきがあったり、きっと得るものがあるのではないだろうか。
(取材/文=渡邉由希・医療ライター)