折れないシャープペンに新ラインナップ登場

写真拡大

ぺんてる株式会社から 「不思議なほど芯が折れないシャープペン」オレンズの新ラインナップとして、 メタルグリップタイプの芯径0.5mm(税抜1000円)が1月29日より販売開始している。ブラック・レッド・スカイブルー・シルバーの4色を展開している。

【写真を見る】滑りにくく安定した握り心地を実現

ここ数年のシャープペン市場は高機能で高付加価値な新製品が登場し、いわゆる「芯が折れないシャープペン」も数多く販売され、中高生の人気も高まっている。また、元々プロ用として作られた「製図用シャープペン」も中心販売価格帯が1000円以上という高価格でありながら、使いやすさや玄人好みのデザインが男子学生に人気を博している。このオレンズシリーズの中で、オレンズメタルグリップは「折れないシャープペン」でありつつ、「製図用シャープペン」を模した外観と機能によって、男子学生を中心に人気沸騰中だ。

オレンズの特徴は、“芯を出さないで書く”から、不思議なほど芯が折れないことだ。芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドするオレンズシステムを搭載し、「芯を出さないで書く」という新しい使い方を可能にした。芯が出ていない=先端パイプが常に芯をサポートしている状態なので、超極細の芯径0.2mmでも芯が折れない。2014年の発売以来、芯径0.3mmタイプやメタルグリップタイプなどシリーズの拡充を経て、2017年8月にブランド初の芯径0.5mmタイプを発売した。見た目と機能を兼ねそろえたこのシャープペンで、文字を書くのが楽しくなるかも。(東京ウォーカー(全国版)・末次延蔵)