画像提供:マイナビニュース

写真拡大

IPA国際標準推進センターは1月29日、2017年12月22日に発行された、国際規格ISO/IEC 10646(Universal Coded Character Set) 第5版に準拠した漢字約6万文字を収蔵した「IPAmj明朝フォント」の整備を完了させ、Ver.005.01として公開した。

ISO/IEC10646第5版の発行により、「文字情報基盤整備事業」で整備した漢字のすべてに国際規格による文字符号(文字コード)が付与された。これを受け、この文字コードへの対応付けを完了させた「IPAmj明朝フォント」の新バージョン、Ver.005.01(「IPAmj明朝フォント」)を公開したという。

「IPAmj明朝フォント」を最新の国際規格に対応したPCなどの情報機器へ導入することにより、同フォントに収録されたすべての文字を活用できるようになる。

これにより、一般のPCなどで人名などの正確な表記を文字化けせずに表示できるようになるという。ただし、市販のPCに同梱されている漢字は約1万文字(JIS第4水準の漢字範囲)程度であるため、日常的なメール利用などにおいては、この約1万字を用いることを推奨している。

あわせて、「MJ文字情報一覧表 Ver.005.02」も公開された。この表には、文字情報基盤整備事業で整備したすべての文字の文字情報が収録されている。

主な文字情報には「戸籍統一文字」「住民基本台帳ネットワークシステム統一文字」「各種漢和辞典の見出し番号」「ISO/IEC10646第5版による文字コード」「JISコード」「異体字識別用コード」)などとの対応関係がある。これらは、文字の検索や、文字コードの変換システムの開発などに活用できる。