ハナコラボが体験しました!
食べたいけど痩せたい…そんな願いが叶うヘルシーな「ビューティースイーツ」作りに挑戦!

美容料理家による「ビューティースイーツ」レッスンを、Hanakoの読者コミュニティ「ハナコラボ」所長・斉藤アリスさんが体験!ダイエットしたいけど甘いものが大好き!というあなたは必見です。

今回体験するハナコラボ所長・斉藤アリスさんをご紹介!

ハナコラボ所長 斉藤アリス(モデル、ライター)

国内外のカフェ107軒を紹介した『斉藤アリスのときめきカフェめぐり』(耷出版社)が発売中。お菓子は食べるのも作るのも大好き。

初心者でも簡単&楽チンなビューティースイーツって?

食べてきれいになれるお菓子、その名もビューティースイーツ。そんな夢のようなお菓子の作り方を教えてくれる教室があると聞いて、さっそく行ってきました。

教えてくれるのは美容料理家の松野エリカ先生。過去に1カ月で12圓箸いΣ畊鵑淵瀬ぅ┘奪箸蚤里魏した経験から、マクロビを学び始めたという。

「レシピ開発をはじめた5年前はまだマクロビの本も少なく、試行錯誤の毎日でした。お菓子作りに欠かせないバターを使わないケーキなんて、どのように作ったらいいかわかりませんでした」

材料は米粉、菜種油、みりん、てんさい糖など。お菓子作りには珍しいものばかり。

お菓子作りは小学生の頃から大好きというアリスさん、調理をはじめて驚きの様子。
「粉はふるいにかけなくて大丈夫ですか?」と心配すると、「グルテンフリーの米粉は、小麦粉に比べてダマになりにくいからふるいにかける必要はないんです。また、グルグル混ぜても焼き上がりが硬くなる心配はないから扱い方も楽チンですよ」と先生。

材料は順番に一つずつ入れて、その都度しっかりと撹拌する。一気にドバッと混ぜると、焼くときにきれいに膨らまなくなってしまう。

型にクッキングシートを敷いたら、生地を流し込む。

170度のオーブンで10分焼く。

茹でたサツマイモをトッピング。センスが問われる緊張の作業。その後さらに20分焼く。

完成!簡単だから家でも作りやすそう。

最後は焼きあがったケーキと紅茶で女子会。お腹まで大満足!

教えてくれた松野エリカ先生をご紹介!

松野エリカ/美容料理家・ERICHE代表

飲食店に勤務後、料理家へ転身。「ビューティークッキングサロン〜ERICHE〜」を表参道で開催中。月替わりの1dayレッスン、継続コースレッスンなど。eriche.jp

こんな記事もおすすめ!
☆連載『ハナコラボ日記』はコチラ!
☆LAより逆輸入〈ウマミバーガー〉の注目メニューはコチラ!
☆テーマは「月」!六本木ヒルズの「アフタムーンティー」はコチラ!

(Hanako1144号掲載/text : Alice Saito)