半世紀以上前の事件に新たな証拠「99.9%別人」審理に影響あるか

ざっくり言うと

  • 1963年に女子高校生が殺害された狭山事件で新たな証拠が提出された
  • 鑑定で、脅迫状の文字が「99.9%の確率で筆者は別人」との結果が出たという
  • 検察側は鑑定に対する反論をするかどうか検討しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング