【速報】錦織圭が復帰第2戦、第1セットを6-3で先取[ATPチャレンジャーダラス]

写真拡大

前週、右手首故障から約5ヶ月ぶりの復帰を果たした錦織圭(日本/日清食品)が、復帰第2戦となる[ATPチャレンジャーダラス]初戦に登場。世界ランク214位デニス・ノビコフ(アメリカ)と対戦し、錦織は第1セットを6-3で先取した。

奇しくも、前週の復帰戦となった「男子テニスATPチャレンジャー ニューポートビーチ」1回戦で対戦し、フルセット(3-6、6-3、4-6)の末に敗れたノビコフと、2週連続で対戦することになった錦織。両者の対戦は今回が3回目で、ここまでは1勝1敗のイーブンとなっている。

復帰後初勝利への注目が集まる中、試合はノビコフのサーブからスタート。第1ゲームから、時折鋭いリターンを見せる錦織だが、スライスサーブなどを武器に攻めたノビコフがキープ。

第2ゲームでは錦織がサーブの好調ぶりを発揮してラブゲームでキープ。その後はお互いキープする展開が続き、2ゲームずつを取り合う。特に第6ゲームは、錦織がサービスエースを見せるなど、この日2度目のラブゲームでのキープとなった。

続く第7ゲーム、直前のセットでの影響かノビコフがリズムを崩し、錦織がブレーク。このまま流れを掴みたい錦織は、第8ゲームで最初押し込まれるが、ドロップショット、ネットプレーなどでしっかりポイントを取り返してキープする。

迎えた第9ゲーム、そのままの流れに乗って錦織がブレーク。錦織が第1セットを6-3で先取した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「全豪オープン」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)