日本全国に展開する温泉旅館ブランド「星野リゾート 界」では、ニッポンの冬ならではの温泉の楽しみ方を各地で用意。雪見風呂や地域名産の果実を温泉に浮かべたご当地湯、夜のライトアップなど趣向を凝らした演出で、贅沢な冬の湯浴みと各地の伝統文化を堪能して。

◆星野リゾート 界 アルプス
アルプスの麓で冬の田舎体験を


アルプスの絶景を望む宿。雪国のアーケード「雁木(がんぎ)」に沿って両側に客室や温泉棟が建ち並ぶ。

 新築建て替えのため休館していた「星野リゾート 界 アルプス」が、2017年12月21日(木)に待望のリニューアルオープン! “信州の贅沢な田舎を体感する温泉宿”をテーマに、全48室・地上2階建ての宿に生まれ変わった。

 ここ「界 アルプス」は北アルプスに抱かれた大町温泉郷にあり、四季折々の信州のお楽しみを叶えてくれる。


離れ、ロフト付きなど客室は全4タイプで、全室異なる意匠が凝らされている。さらに全室に寝心地を追及したオリジナル寝具「ふわくもスリープ」とソファを備える。

 客室は全室がご当地部屋「信濃もてなしの間」となっていて、滞在を通して地域の文化に触れることができるのが特徴だ。

 例えば、伝統工芸の松崎和紙で作られた温かみのある行灯、信州のきりえ作家・柳沢京子氏が手掛けた“アルプスの麓の詩情”をテーマにしたアートワーク、上田紬のベッドライナーなどが設えられている。


すがすがしい空気の中、カラマツやモミジ、雄大なアルプスの山々を眺めながら贅沢な湯浴みを。冬には雪見風呂も楽しめる。

 気になる温泉は、高瀬渓谷に湧出する湯量豊富な源泉から引いた湯。カラマツの林に囲まれた大浴場は男女それぞれに露天風呂と内風呂があり、四季折々にその表情を変える雄大なアルプスの山々を望む、贅沢な湯浴みが堪能できる。

 また、地域文化を体験できる「星野リゾート 界」ならではの“ご当地楽”プログラムがあり、中にはウィンターシーズンだけしか体験できない内容もあるので要チェック。囲炉裏やかまくらを囲んだ体験プログラムは、信州の伝統はもちろん、雪国の暮らしの奥深さを知るきっかけにもなるはずだ。


囲炉裏を囲んで信州名物のおやきや焼きりんご、燗酒を味わったり、土間で独楽やおはじきなどの昔遊びを楽しんだり。ここならではの「ご当地楽」プログラム体験が充実。


かまくらに入って過ごしたり、雪の上をかんじきで歩くアクティビティを楽しんだりして、昔ながらの雪国の暮らしを体感することができる

 2018年の冬から春にかけては、伝統工芸の上田紬のコースターや長野銘菓など、4つの特典付きの開業記念特別プランが断然おすすめ。ぜひこの機会に信州の冬を満喫する温泉旅を。

星野リゾート 界 アルプス
所在地 長野県大町市平2884-26
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/alps/

◆星野リゾート 界 加賀
温泉と楽しむ北陸の冬の風物詩


“雪吊り”とは、雪の重さから木の枝を守るため、樹木の幹に沿って立てた柱から枝へと放射状に縄を張るのが代表的な手法で、美観目的としても広く利用されているのだとか。

 加賀温泉郷のひとつ、山代温泉に位置する温泉旅館「星野リゾート 界 加賀」では、大浴場の露天風呂から眺める庭の松に、北陸の冬の風物詩“雪吊り”を施し、滞在客の目を楽しませている。

 この“雪吊り”の松を眺めつつ背後を振り返ると、内湯との仕切りガラスには、加賀地方のシンボルである白山(はくさん)が、伝統工芸の金沢金箔を用いて描かれている。


金箔国内生産量の9割を誇る金沢箔で、加賀地方の象徴である白山を描写。繊細な金箔が背後の松の庭を引き立てる。

 これは、2017年7月1日(土)の大浴場リニューアル時に新たに施された装飾。湯に浸かりながら加賀の風景や冬の風情を体感することができるのだ。

 またリニューアルした大浴場には、このほかにも加賀の伝統工芸が取り入れられている。


内風呂を彩るのは、計8名の若手作家が自由な発想でデザインした九谷焼タイル。「界 加賀」では伝統工芸に携わる若手作家とコラボレーションし、山代温泉で作陶活動に励んだ若き日の北大路魯山人にちなんで名付けた“魯山人プロジェクト”を推奨。伝統工芸の継承と発展に取り組んでいる。

 例えば、男女それぞれの内風呂の壁面に組み込まれた、九谷焼タイルもそのひとつ。“色絵”、“青手”、“赤絵”、“藍九谷”という伝統的な4つの九谷焼様式で、それぞれ加賀の春夏秋冬を表現しているという。

 また、もう一点特筆すべきは、山代温泉の共同浴場である総湯・古総湯の湯めぐりも楽しめること。伝統工芸の加賀友禅を取り入れた「界 加賀」オリジナル外套を羽織り、山代温泉をそぞろ歩くのもオツなもの。


湯上がり処には加賀提灯が。竹骨を1本ずつ円形に組んで作り上げる匠の技が美しい曲線を生み出す加賀提灯は、金沢の希少伝統工芸に指定されている。

 国登録有形文化財の建築や伝統工芸をちりばめた客室、美食家・北大路魯山人の哲学を受け継ぐ料理など。新しい感性が息づく加賀伝統の温泉宿「界 加賀」なら、冬の風情に満ちた加賀文化に浸る滞在が堪能できること請け合いだ。

星野リゾート 界 加賀
所在地 石川県加賀市山代温泉18-47
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/kaga/

◆星野リゾート 界 津軽
雪景色に包まれた伝統ある湯治場


全国で生産量1位を誇る青森りんごを湯船に浮かべた“りんご湯”に浸かり、大きな窓の外に広がる雪景色にほっこり。

 桜で有名な青森県が誇る城下町・弘前から電車で約10分。「星野リゾート 界 津軽」は、古くから湯治場として知られる大鰐温泉にある。

 大鰐温泉は、神経痛、筋肉痛、関節炎、五十肩、慢性消化器病などに良いとされるナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で、とろみのある湯が特徴。体が芯まで温まると評判だ。

 大浴場の大きな窓越しには四季折々の風景が広がり、樹齢2000年を超える古代檜の湯船にゆったりと浸かりながら、風情たっぷりの湯浴みが楽しめる。この季節なら、昼と夜でまったく雰囲気の異なる幻想的な雪景色をぜひ目に焼き付けたい。


津軽の冬の風物詩の雪燈籠。日没後は伝統工芸品“津軽こぎん刺し”の模様が浮かびあがる“こぎん幻燈(げんとう)”が灯り、昼とは異なる雰囲気に。

 夜、敷地内を照らすのは、津軽地方の伝統工芸“津軽こぎん刺し”の模様をモチーフにした幻想的な“こぎん幻燈”と、“こぎん雪燈籠”だ。

 幻燈とは、光を投影する技法のことで、宿泊棟の通路の天窓や壁、廊下などに、いくつものこぎん模様の灯りが映し出される。投影される模様は、雪国・津軽に舞う雪の結晶をイメージした灯りで、その模様が美しく浮かび上がるという仕掛けだ。


大間産マグロをふんだんに盛り込んだ“大間のマグロづくし会席”は、「界 津軽」の冬の名物。青森の地酒とのマリアージュにほっこり。

 青森の冬といえば、雪景色はもちろんグルメも注目の的だ。青森は日本海、太平洋、津軽海峡と豊かな漁場に囲まれ、贅沢な海産物が豊富に揃うが、秋〜冬は全国的に有名な大間のマグロの季節。

 この大間産マグロは“黒いダイヤ”と呼ばれ、名実ともにマグロの最高峰と言われている。

 大間マグロのストレートな美味しさを味わうお造り、贅沢なねぎま鍋、〆には赤身・中トロと帆立貝を合わせたとろける旨さの握り寿司……。大間産マグロをとことん満喫できる“大間のマグロづくし会席”は、3月いっぱいまでのお楽しみ。


宿の目の前のりんご畑には、かまくらの中で津軽の地酒を味わう冬季期間限定の「かまくらBAR」がオープン。地酒の飲み比べなどができる。

 津軽の雪景色と温泉情緒が織りなす、ゆったりとした時間が流れる「界 津軽」は、大人のための寛ぎの宿。季節の宿泊プランや航空券付宿泊プランもあるので、詳細は公式サイトをチェックして。

星野リゾート 界 津軽
所在地 青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/tsugaru/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)