世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第175回は、進化し続けるベトナムのホテルに大沢さつきさんがステイします!

オープンからわずか2年にして
なしとげた快挙!


エントランスホールの奥に、ボリビア産のブルーの大理石に縁取られたエレベーターホールが。ここからレセプションのある7階へ。

 今回のミッションは、2017年、世界第4位に輝いたホテル「ザ・レヴェリー サイゴン」を再訪することだ。

 権威あるアメリカの旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー」が、毎年、読者30万人以上の投票で決めるこの賞。ベスト5入りしたベトナムのホテルははじめてで、しかもオープンして2年での快挙だ。もちろんアジアNo.1。

 じつはこのホテル、グランドオープン前に宿泊したことがある

 ほかのホテルにはないグラマラスな内装の雰囲気と、初々しいサービスとのギャップに魅了されたホテルだ。それだけに、その発展変貌が楽しみでもあり、あの世慣れてない感じがなくなってたらさみしい……とも思う、ちょっと複雑な心境で出かけた。


バイクが多いのは相変わらずだが、みんな着ているものが垢抜けて、バイク自体もキレイになってる気がする。

 まず、2年ぶりで訪れたベトナム、ホーチミンシティの発展ぶりは目を見張るものがあった。さすがの経済成長右肩上がり!

 なんか、街がキレイ。どこがと具体的にはいえないのだけれども、明らかに風が抜けるような爽やかさが漂っている。歩いている人たちの着ているものから顔つきふくめ、変わってるのじゃないかと。相変わらずバイクは多いのだけれど。

 もともとフランス占領時代につくられた街だけに、広い道路には街路樹があり、景観の土台自体が美しい。コロニアルな建物を生かす余裕も出てきた感じだ。


もちろん屋台も健在。でも、数は少なくなっているような……。

 さらには、暮らしの選択肢が増えている印象だ。たとえば民族衣装のアオザイを買いたいと思ったとき、オートクチュールの有名デザイナーの店もあれば、東京の裏原宿にあるような店もある。顧客はツーリストだけではないし、街ゆく女子たちがほんと、お洒落になってます。


ベトナムのセレブに大人気で、国際的な評価も高いデザイナー、ヴォー・ヴィエット・チュンのアオザイはベトナム伝統工芸であるみごとな刺繍に彩られている。

 ヴォー・ヴィエット・チュンはベトナム伝統の素材を復元するなど、ベトナム復興の力となるような活動にも熱心。

Vo Viet Chung
(ヴォー・ヴィエット・チュン)
所在地 115 Ly Tu Trong, District 1, Ho Chi Minh City
電話番号 08-3914-2008
http://www.vovietchung.com/


アオザイのほか、カジュアルウェアも扱う「クジョーン」。洗練されていて、かつリーズナブルと、とくに若い人に人気のブティック。入り口、人の家みたいですけど……。

 「クジョーン」のアオザイは、ショート丈あり、ポップな柄ありで、とても楽しい。

Kujean(クジョーン)
所在地 47 Pham Ngoc Thach Street, Ward 6, District 3, Ho Chi Minh City
電話番号 0908-86-6161
http://www.kujean.com/

 と、そんなホーチミンシティの変わりっぷりを眺めながら、ザ・レヴェリーに到着。さてホテルは、どんな変化を遂げたのだろうか?

 華やかなエントランスや豪華なレセプションは変わらずだが、なにせ前回の訪問時は限定オープン状態だったので、熱気、活気がまず違う。家といっしょで、ホテルも人が動いて生きる。やっぱり来てみないと分からないことが多い。


圧巻のレセプションスペースは、まずヴェネツィアン・モザイクの有名ブランド「シチス」による南国フラワーな壁面。5メートルのソファ「エスメラルダ」は特注品で、世界で2つしか存在しない。で、もう1つは故マイケル・ジャクソンが所有してたという豪華エピソードも。

これだけのアート性を発揮する
ホテルはココしかない


世界でもっとも美しいと思われるザ・レヴェリーラウンジは、インテリアデザインのトータルプロデュースを行う「ヴィジョネア」によるもの。このブランドがほかのブランドと肩を並べて仕事することがまず奇跡だ。オーナーの熱意が彼らを動かしたらしい。

 このザ・レヴェリーは、オーナーの“世界に誇れるベトナムのホテルをつくる!”という、強い意志と巨額の予算をもとに建てられたホテルだ。

 世界屈指のイタリアン家具ブランドの数々が、家具だけでなくコンセプトふくめ、その世界観を表現しているホテルともいえる。


各ブランドがそれぞれ担当したスイートの中で、いちばんシンプルシックなのが「ポルトローナ・フラウ」による、この「パノラマスイート」かも。それでも天井のスタッコ(化粧漆喰)や壁面のマザーオブパールなど、白だから目立たないだけで、きっちり主張している。

 ほんとに、実際、ありえない世界。各ブランドいずれもが強烈な個性と実力をもっているので、まず一堂に会すなんてことがありえない。

 かつ、それだけインパクトのあるブランドを、巨大とはいえホテルというひとつの空間にまとめてみせるという発想自体がありえない。

 で、驚くことに、みごとにまとまっているという……ザ・レヴェリーは濃厚で、濃密な素晴らしいハーモニーを奏でているのだ。


バスタブからの景色もこのホテルのセールスポイント。可能な限り広く大きな窓をとり、バスタイムを演出する。

「ジョルジェッティ」「ヴィジョネア」「ポルトローナ・フラウ」「プロヴァシ」……ふだん、お目にかかることすら稀な最高峰ブランドの家具に囲まれた客室。以前訪れたときは、全貌を見ていないこともあって“なんてグラマラスなホテルなの!”くらいの印象しかなかった。

 でも、完成したレヴェリー・ワールドに身を置くと、モダンなバロックの世界に踏み込んだような気持ち? いや禅の国、日本人からするともっとも近いのは日光・東照宮のような、もっと遡ると奈良時代の正倉院御物みたいな……。

 とにかく微に入り細に入り、スゴいのだ。


左:吹き抜け仕様の「レヴェリースイート」は圧巻。家具だけでなく、ドレープたっぷりのロングドレスのようなカーテン。オブジェひとつひとつにも存在感があって、はぁという感じだ。
右:同じく「レヴェリースイート」のバスルームの大理石のフロア。“美は細部に宿る”というけれど……細部に宿りすぎでしょう。

 超ゴージャスなホテルというのは、世界中どこにでもあるだろう。でも、ザ・レヴェリーほど質と美と趣味にこだわり抜いたホテルは、ほかに見当たらない。宮殿ホテルとて、ここまで凝ったつくりのホテルはないだろう。天井から壁面、床に至るまで、装飾されてないところがないという、圧巻。

 もう、びっくりなのだけど、決して装飾過多でヤとはならないところが、さすがの世界屈指ブランドたちのなせる技だ。


客室フロアのエレベーターホールは一見シンプルな静謐さに包まれているけれど、天井、壁面、床、カーテンに至るまで、凝りに凝ってるのが「ザ・レヴェリー」。

レストランの美味はさらに充実し
スパの極上っぷりは頂点に


「ミネストローネ」なのだけど、見映えも味もひとひねりが「R&J」の特長。

 ザ・レヴェリーにはレストランが5つあるが、メインダイニングというべきが3つもある。イタリアンの「R&J」は、イタリア人のシェフが、オープン当時からの完璧な見映えと味をキープ。さらにメートルドテル(給仕長)が、店の格を上げた感じだ。


「R&J」には、半個室仕様のスペースがたくさんあるので、より親密な時間が過ごせる。もちろんインテリアのテイストは“濃密”。

 中華の「ザ・ロイヤル・パヴィリオン」も、香港の3ツ星シェフが仕込んだみごとな料理は、ソフトオープン時すでに話題を呼んでいたが、いまや安定の風格。軽やかな遊びごころまで見せてくれる余裕すら感じさせる。


こんなキュートなインスタ映えするデザートも用意されていて、やっぱり中華は楽しい。

 フレンチの「カフェ・カーディナル」の質とバラエティにも唸らされる。イマドキを意識した軽くてやさしいフレンチは、安定の変わらぬ味とサービスとを提供してくれた。


6階の「カフェ・カーディナル」は2フロア分の吹き抜けスペースで、開放感が半端ない。ここで食べる朝食もバラエティに富んでいて、楽しい楽しい。

 そして今回、いちばん変貌を遂げていたのは、スパかもしれない。セラピストのテクニックが信じられないレベルに達していたからだ。

 じつは前回訪れたときに受けた施術は、セラピストがまだおっかなびっくり状態で、正直普通。もちろんていねいだったし、感じも良かったけれど、なにしろ客相手に施術した経験が少ないのだから仕方ない。そんな状態だった。

 でも、ところが、だがしかし……。


スパのサウナ&ロッカースペース。左側の「ヒマラヤン・ソルトサウナ」で、お肌すべすべに。

 ベトナムの人は向上心が高いのだろうか。今回受けた施術、最高! いままで受けたどんなトリートメントよりも、お世辞抜きで、素晴らしかった。もうほんとに、びっくりするくらいウマかった。2年でこのテクニック習得はおみごととしかいいようがない。


過去最高のトリートメントは、やはりマッサージといえばのタイで受けたものだったけど、ザ・レヴェリーのそれは超絶! ここに泊まったら、絶対にスパに行くべきだ。

 ホメ過ぎるのもなにやら胡散臭いのだけれど、料理は間違いなくおいしいし、スパの技術も疑いなく世界一だと思う。

 凝りまくった内装は、唯一無二のオリジナリティがあり、食もスパも完璧に近いとなると、これ以上、ホメるところはないように思われたのだが。

コンシェルジュのきめ細やかさは
まさに感涙もの


いまやベトナムの顔になった人気のチョコレート「マルゥ」。ホテルに近いカフェでも売っていたが、本店はやはり品揃えが違う。

 前回の訪問は、初ホーチミンシティだったこともあり、いろいろ知りたい街情報があった。月並みではあるけれど“フォーを食べたい!”とか、“チープなお土産物じゃなくて、ハイクオリティの刺繍ものや漆器が買える店を教えて!”とかです。

 で、これに関しては、ベルボーイふたりがかりで一生懸命、PC開いて調べてくれました……それ、自分でも調べてるのだけどね……。

 とまぁ、そんな状態だったわけで。でも、その懸命な様子に好感を覚えたのが前回。


ホーチミンシティ2区はいまや建設ラッシュ。ザ・レヴェリーからは川を渡って15分くらいだが、またちょっと趣の違う街並みが楽しめる。

 今回は、最新のエリア、ショップについての確認が取りたかった。

 ホーチミンシティのショッピングエリアは、ザ・レヴェリーのある地区に集中している。ホテルのあるドンコイ通りがいちばんの目抜き通りだ。でも、新興の開発エリアに小洒落た店が出現してきてもいるようだ。

 何軒かのリストを持って、コンシェルジュデスクへ。リストと要望を伝えて、ランチ食べたら戻ってくるから、それまでに調べといてねとお願いしたのが、朝10時。

 2時過ぎに戻ってくると、それはもうパーフェクトな回答が待機という状態。リストをマーキングした地図のコピーが用意され、そこにはさらなるおすすめの店も何軒か加えられている。かんたんに説明をしてくれ、最後に自分の携帯番号を書き添えて、道に迷ったり困ったことがあったら連絡するようにとのこと。素晴らしい。


交通インフラがまだ整っていないので、タクシー料金が安いのはありがたい。

 次は、ベルボーイ登場。英語をほとんど話さないタクシードライバーに、リストを見せながら、これを回って、最後にまたホテルに帰るように交渉してくれる。そう、時間もないし、離れたエリアに行くのでタクシーを数時間チャーター。2,000〜3,000円でお釣りがくるので、この方法はおすすめだ。


2区にはオープンしたばかりの「丸亀製麺」のお店も。向かい側はフォーの専門店だったので、静かに麺対決が行われているもよう。

 順調に新しいエリアを探索し、いくつかショッピングも楽しみ、最後有名なチョコレート屋へというところで、なぜかジモティ集まる食べ物屋の前で止まるタクシー。住所はあってるという仕草のドライバーに、やれやれと思うものの、そうだ! とコンシェルジュに電話をして解決という結末。いやもう、おみごとの一語に尽きるコンシェルジュの神対応だった。


ザ・レヴェリーのコンシェルジュに頼むと「アートツアー」の手配もしてくれる。キュレーターと一緒に数軒のギャラリーを巡るのだが、ベトナムのアートは深くその歴史、とくにベトナム戦争に関わってくるので、そうした話を聞く意味でも興味深い。


クラシックなベスパで巡るホーチミンシティなんていう楽しいツアーもある。適度なスピードで走ってくれるので全然怖くないし、楽しいのでぜひ挑戦を。こちらもコンシェルジュに頼めば申し込んでくれる。

 バイクの街ホーチミンシティを、べスパに乗って駆け巡ろうというツアー「ベスパ・アドベンチャー」も。

Vespa Adventure
(ベスパ・アドベンチャー)
所在地 169a De Tham, District 1, Ho Chi Minh City
電話番号 0938-50-0997
http://vespaadventures.com/

The Reverie Saigon
(ザ・レヴェリー サイゴン)
所在地 Times Square Building 22-36, Nguyen Hue Boulevard & 57-69F Dong Khoi Street, District 1, Ho Chi Minh City
電話番号 028-3823-6688
http://www.thereveriesaigon.com/

【日本での予約・問い合わせ先】
ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド
電話番号 0120-086-230

ホーチミンシティへは
もちろんベトナム航空で


フライトは新機種なので、とにかく快適。ビジネスクラスはプライバシーが保てて、シートピッチも申し分ない。

 成田・関空・セントレア・福岡と、日本の4都市からホーチミンへと飛べるベトナム航空。自社便による路線だけで週70便と充実しているので、フライトに合わせたスケジュールが立てやすい。

 しかも、日本午前発便でベトナム到着が昼過ぎというフライトがほとんどなので、旅程を組むには最適。ホーチミンに着いてそのままザ・レヴェリーにチェックインして、荷を解ける。


アミューズとオススメのカクテル。旅は、もうはじまってる!

 2017年に導入された新機種「B787-9」と「A350-900」の評判もとてもよく、ビジネスクラスのフルフラットシートは約5時間のフライトとはいえ、快適。しかもショートフライトなのに、しっかりフルコースの食事が堪能できるのも嬉しい。和食・洋食ともにおいしいと人気のベトナム航空だけに、食事のサービスは期待どおりだった。

 見た目も美しいアミューズにシャンパン。くわえてのフレンチ的ステーキは、味もボリュームも満点で、あとはもう昼寝をして到着に備えるばかりという具合。


寝不足だったので、体力をつけるためにステーキを選択。ほどよい柔らかさで美味、満足。


デザートに登場した、日本の生菓子。なんだか可愛かったので迷わずチョイス。

文・撮影=大沢さつき