手をつなぎながら引き揚げるフエンテス夫妻(右)に「もう終わり?」と驚いて声をかける具志堅会長(左)

写真拡大

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(2月4日、沖縄県立武道館)

 “具志堅劇場”は自粛となった。王者・比嘉大吾(22)に挑戦するモイセス・フエンテス(30)が29日、都内の帝拳ジムで練習を公開。比嘉の所属ジムの具志堅用高会長(62)が視察に訪れたが、挑戦者に絡んで爆笑を誘う恒例のパフォーマンスは見せなかった。

 フエンテスは各2分間のシャドー、ミット打ちなど軽めの調整を披露したのみ。練習前の会見では「厳しく強い練習を積んできた。体重もまったく問題ない。パンチの多い試合をしたい。私も多くのKOを作ってきた」と、日本記録に並ぶ15連続KOに挑む比嘉との打ち合いを希望した。

 そこに具志堅会長が「体重は何キロオーバー?」と質問。フエンテスが「2キロ」と答えたが、やりとりはそれだけ。比嘉の過去2度の世界戦では質問攻めにしたり、フランス人の相手にフランスパンを渡すなど爆笑の“先制パンチ”を放ってきたが、「ウエート(調整)がきついだろうから」と、今回はなぜか相手を気遣った。最後は、フエンテスが夫人とともにジムを去る姿を見つめながら「仲いいね、手つないじゃって」とつぶやいた。