離れて住んでいる親を 「扶養」にして手取りアップ!

写真拡大

「手取りを増やす」ためには、税金の仕組みを知ることが早道。新刊『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65』から、抜粋してそのエッセンスをご紹介します!

70代以上の親を扶養なら
別居でも8万円以上手取りアップ!

 もしあなたが親に経済的サポートをしているなら、自分の税金を安くして、手取りをアップする方法があります。

 親と同居し、家族全体の生活費を自分たち夫婦が負担していたり、離れて暮らす親に定期的に仕送りをしていたりすると、「扶養控除」を受けられるので、所得税・住民税が安くなるのです。

 ただし、経済的にサポートしていること以外に、親の収入の条件があります。たとえば、65歳以上で年金生活を送っている親なら、年金額がひとり158万円以下の場合に、あなたの扶養に入れることが可能です。あなたの年収が600万円とすると、60代後半の親を扶養にすることで税金(所得税と住民税)は年間約7万2000円安くなります。

 さらに、親が70歳以上になると、「扶養控除」の金額が増えるため、安くなる税金は年間約10万円と増えます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)