男なら誰だって、あらゆる女性を口説いてみたい。

きっと心のどこかで、そう考えたことがある男性は、少なくないはずだ。

早稲田大学理工学部を卒業後、外資系大手IT企業に勤務する奏太も、その内の一人。

これまで自分のモテレベルは人並みだと思っていた奏太だが、20代で寝食忘れて仕事に没頭し、30代で再び恋愛市場に返り咲いた頃、あることに気づいたのだ。

―あれ…意外に俺ってモテるのか?

1度そのことに気づいた奏太は女性を落とすのが楽しくなり、自分の頭脳を駆使してあらゆる職業の女性達を口説こうとする……。

奏太はいかに、一筋縄ではいかない東京女子たちを口説くのか?その方法を、伝授しよう―。




「〜♪♬♩」

聴き慣れたメロディが機内に響く。

大手日系エアラインで搭乗中に流れるこの音楽を聴くと、既に日本へ帰ってきた気持ちになり安堵する。

外資系大手IT企業の開発職として働く奏太は、シリコンバレーのスタートアップベンチャーと提携するためのカリフォルニア出張から日本へ帰るところだ。

ー今回の出張もうまくいった。

海外では、国によってビジネスに対する文化や考え方が異なる。海外ビジネスにおいて英語力は当然必要だが、それ以上に文化の違いを理解し、相手によって仕事の進め方を変えることが大変重要になるのだ。

奏太は幼少期から両親がインターナショナルスクールに入れてくれたお陰で英語はもちろんのこと、海外文化に関する知見も深く、手慣れている。

離陸前の機内でタブレットとキーボードを出し報告書の作成を行っていた時、横から声がした。

「お客様、まもなく離陸しますのでテーブルを元の位置に戻していただけますか?」

奏太がふと見上げると、白い花のように清楚で気品溢れる女性がそこに立っていた。


奏太はどうやって美人CAを口説き落とすのか…?


後ろで丸く纏めた黒い髪は艶やかで美しく、丸く小さい輪郭に輝くぱっちりとした二重は目尻が少し垂れている。そして何より、白い肌はまるで陶器のように美しい。

奏太はそこに立っている魅力的な女性に、思わず目を奪われた。

大手日系エアラインのCAの顔系統は、2種類だと聞いたことがある。青は可愛らしいタヌキ顔、赤は綺麗めなキツネ顔。今乗っているのは青。たしかにこの女性も丸顔にやや垂れ目で、どちらかと言えば親近感の沸くタヌキ顔だ。

名札に目を向けると「日向 R.Hinata」と書いてある。

「……お客様」

その日向というCAに再び声をかけられ奏太は、はっと我に返った。

「すみません。すぐに片付けます。」

さっきまで報告書を書いていたタブレットとキーボードを急いでバッグへ仕舞った。

奏太の鼓動は、少しだけ高鳴っていた。

―あの女性を口説いてみたい。

そう感じた。




奏太は秋田県の公立高校を卒業後、早稲田大学理工学部へ入学、その後世界最大手の外資系IT企業へ就職した。

入社後も持ち前の頭脳と世渡り力で順調に昇進し、20代で200人規模のプロジェクトのリーダーを任され、無事に成功させた経験もある。

社内でも順調に実績を積み重ねていて、信頼も高く、収入も右肩上がりだ。同世代の年収と比較すると、ごく控えめに見積もっても上位1%以内には入るだろう。

順風満帆と言える人生だった。……ただ一つ、恋愛を除いては。

10代は勉強に打ち込み、20代の大半は寝食を忘れ仕事に没頭してきたので、今まで唯一女性にだけは恵まれてこなかったのだ。

顔は中の中で決してイケメンではないし、自身でも決してモテるタイプではないと自覚していた。

しかし、ちょうど30歳を迎えたあたりで周囲の女性の反応が今までとは異なっていることに気づいたのだ。

女性がモテる条件というものは非常にシンプルだ。多少の好みはあるにせよ「顔の良さ」、これに尽きる。

しかし、男性のモテる条件となると複雑だ。しかも年齢と共にそれが大きく変化していくのが厄介である。

小学生のうちは単純に足が速くスポーツができる者がモテる。それが中学になると不良などの少し悪く目立つ生徒に人気が集まり、高校や大学になるにつれ、次第に顔の良さ、面白さ、女性の扱いの上手さ、学歴などが重要になってくる。

さらに社会人の場合、そこに“収入”と“社会的地位”という項目が追加される。

特に女性が「結婚」という2文字を頭に浮かべるようになる頃には、その2つのウェイトがモテレベルに対して非常に大きな割合を占めるようになるのが現実だ。

奏太はルックスだけ考えると並程度だが、職業、学歴、収入面において、気付けば世間一般の女性から興味を持たれるには申し分ない程度のスペックを兼ね備えていた。

20代の頃は仕事に没頭していて気付かなかったのだが、30代を迎える頃に周囲の女性の態度が変わってきたことに次第に気づいていった。

―自分は意外とモテる

そのことがわかってからは女性を口説くことが楽しくてたまらなくなった。

仕事のできる男はモテる者が多いと言うが、奏太も決して例外ではない。

持ち前の頭脳や仕事で培った分析力や交渉力を恋愛にも駆使することで、自信を持って女性達を口説けるようになっていた。

―もっとモテたい。よりレベルの高い女性を口説きたい

元々上昇志向の高い奏太がそう考えるのはごく自然なことだった。

そんな中、奏太の前に現れた女性がCAの日向 凛だったのだ。


仕事中のCAに連絡先を渡すときのポイントとは……!?


数時間後、食事の時間になり各座席に料理が運ばれてくる。

今回は長めの出張だったので奏太はアメリカの油の多い肉料理に飽きてしまい、日本食がとても恋しかった。

―やっと、日本食が食べられる……!

そう思っていた。

自分の席に料理を運んできたのは先ほどのCA、つまり凛だった。しかしなぜか非常に申し訳なさそうな表情をしている。

「お客様、お食事のご希望をお伺いしたいのですが、今回和食ご希望の方が多くいらっしゃいまして…。大変申し訳ないのですが、もし差し支えなければ洋食をご用意させていただいてもよろしいでしょうか。」

奏太は非常に残念に感じた。しかし、一瞬迷った上でとびっきりの笑顔を浮かべ、こう答えた。

「はい、洋食で問題ありませんよ。」

CAという職業は、常にお客のことを考えとても気を遣うらしい。ただでさえわがままなお客が多い中、たまに気遣いのできるお客がいるととても嬉しい気持ちになると聞いたことがある。

「……本当に申し訳ございません。ありがとうございます!」

凛は本当に申し訳なさそうな顔でこう答えた。

CAは例外なく、申し訳なさそうな表情をするのが本当に上手い。この表情をされると、どんなことでも許せてしまう気がする。

しかし、今回はその表情をされたからCA凛の提案を受け入れたのではない。そうすることで凛に少しでも気に入ってもらいたいと考えたための行動である。




食事を終え、座席のディスプレイで公開前の映画をぼんやりと眺めながら、どうやって凛の連絡先を聞き出そうか考えていた。

その時、ちょうど凛が何かを持ってこそっと奏太の席までやって来た。

「お客様。こちらファーストクラスで余ったデザートなのですが、先ほどのお礼に、もしよろしければお召し上がりください。」

「え?いいんですか?ありがとうございます。」

先ほどの作戦が功を奏したのか、凛の連絡先を聞き出したかった奏太にとっては、絶好のチャンスが訪れた。

しかし、奏太は少し考えた。

CAという職業は女社会であり、規律もとても厳しいと聞いたことがある。しかもOLと違って機内には給湯室のような逃げ場もない。万が一お局様に目を付けられでもしたら、長時間のフライトでは身が持たないだろう。

CAに声掛けするテクニックとして、紙コップの裏に電話番号書いて渡すのが良いと、あるテレビでお笑い芸人が話していたのを聞いたことがある。

しかし前述の理由から、他の乗客やCAの目がある場所で渡すのは良くないはずだ。

このタイミングで連絡先を渡すのは、やめておいたほうが得策だ。自身で別の機会を作ることにした。

食事のサービスが終わり数時間後、トイレに行くふりをしてギャレイ(機内で食事を準備する場所)へ向かった。

そこには、1人で片付けをしている凛の姿が見える。少しタイミングを見計らって、奏太は小声で話しかけた。

「すみません。ボールペンをお借りしても良いですか?」

「もちろんです。」

凛は笑顔で答えた。

奏太はポケットから取り出したポストイットに、小さな字で素早く丁寧にメモを書いた。

「デザートのお礼に一緒に行きたいお店があります。もしよかったら行きませんか? 080-XXXX-XXXX 清水 奏太」

書き終わるとボールペンと一緒に、小さなポストイットをこっそり凛に渡した。

凛はそれを驚いた様子で受け取り、すぐにボールペンと共にポケットへ仕舞うと同時に小声で奏太へ伝えた。

「ありがとうございます。こちらからの連絡は会社の規定で禁じられておりますが、有難く頂戴いたします。」

―これは、お断りされたのだろうか……?

奏太は考えたが、答えは出なかった。

▶NEXT:2月6日 火曜更新予定
次週、CA凛から意外な反応が……!?




あなたの結婚観教えてください!
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>