IPCの会議(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全4枚)

【ソウル聯合ニュース】3月9日に開幕する平昌冬季パラリンピックの開会式で韓国と北朝鮮が合同入場し、朝鮮半島旗を使用する見通しとなった。実現すればパラリンピック史上、初めてとなる。

 国際パラリンピック委員会(IPC)は26〜28日、ドイツ・ボンで開かれた理事会で北朝鮮の平昌パラリンピック参加を承認し、開会式での南北合同入場や朝鮮半島旗使用を認めた。

 ただ具体的な内容は今後、南北が実務協議を経て確定する見通しだ。

 IPC関係者は29日、「IPCは理事会を通じ、北朝鮮選手2人、役員6人の平昌パラリンピック参加を議決した」とし、「開会式の合同入場や朝鮮半島旗の使用などと関連した内容も国際オリンピック委員会(IOC)が下した決定と同一とすることにした」と明らかにした。

 これまで南北がパラリンピックで合同入場したことはない。

 北朝鮮は今月17日に開かれた南北の実務者協議で、平昌パラリンピックにも参加する意向を表明。21日にはドイツで開かれたパラノルディックスキー世界選手権には選手2人を派遣し、IPCへの選手登録を済ませた。

 IPCは2月1日に特別枠の選手を発表する予定で、北朝鮮選手2人も含まれているとみられる。