外国為替市場で円買い圧力が強まる 政府と日銀が対応を協議

ざっくり言うと

  • 外国為替市場では1ドル108円台後半で取引され、円買い圧力が強まっている
  • 財務省と金融庁、日銀は29日、3者会合で円相場上昇の対応などについて協議
  • 財務官は「背景に投機的な動きがないか、緊張感を持って注視する」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング