1月25日に行なわれた四大陸フィギュアスケート選手権の男子ショートプログラム(SP)。演技を終えた宇野昌磨は「今までは攻めるという姿勢でやってきたけど、今日は揃えるという気持ちだったと思います。ワクワクするというようなものはなくて、本当に練習通りと思っていました」と振り返った。


逆転されて2位となっても、自信を取り戻したという宇野昌磨(左)

「五輪の前だからまとめたいというのはないですが、とりあえず今季はずっと失敗してきたので。どこかでいい演技をしたいという気持ちがすごく強かったのと、そう思って練習をしてきたので、自分に対して『いい演技をさせてあげたい』という、他人事のような気持ちもあって、ついつい丁寧にいってしまうところがありました」

 最初の4回転フリップはGOE加点が少ないながらも成功したが、ステップはエッジを深く入れられず、もたついた感覚があったという。そのため今季は鬼門になっている4回転トーループからの連続ジャンプは4回転+2回転に抑える気持ちで跳ぼうと考えた。終わってみれば4回転+3回転ができる感覚だったのに、2回転で終えていたと苦笑する。

 結局、首位には立ったものの得点はボーヤン・ジン(中国)を0.32点だけ上回る100.49点だった。

「点数を見た瞬間、いろんなミスを犯しているというのはわかった。ステップがレベル2だったり、加点の少なさだったり……。今日よかったのは、トリプルアクセルとスピンだけかなと思います。ただすごく悔しいというよりも、ホッとしたという気持ちもあります。一応ジャンプも転ばなかったので」

 この大会は、宇野にとっては五輪に向けてのプログラムチェックという意味合いが強かった。SPはともかく、五輪のフリーは前半に4回転ループと4回転フリップを入れ、後半に3種類の連続ジャンプを含む、4回転トーループ2本とトリプルアクセル2本の構成にすると決めた。それを確実にこなしておくというのが目標だった。

 SPは攻められなかったという宇野はフリーへ向け「ジャンプ自体は攻めているとはいえないプログラム構成なので、それ以外のところに集中して攻めていきたい」と話した。

 そんな意識を持って臨んだ27日のフリーは、自分ではミスなく跳んだと思った最初の4回転ループで回転不足を取られ、続く4回転フリップも回転不足で転倒という滑り出しになった。それでも「練習でも4回転ループを成功するとフリップでよく失敗していたので、フリップに関してはもう、ジャンケンで負けてしまったと考えました」という。

 そして、今回最も課題としていた後半の4回転トーループは、1.71点と1.86点の加点をもらう出来映えのジャンプにした。

 これまでミスを繰り返していた後半だけをみればノーミスの演技。

「終わった瞬間は安心したという気持ちでした。フリップを失敗してもそこから立て直す練習をしていて、それが試合でできたので。特に、後半のトーループをしっかり跳べたというのはうれしかったですね。演技構成点が伸びなかったのは転倒したのが影響したのかなと思うけど、トーループでもう少し加点を稼げたかなとか、細かいところの積み重ねが少し足らなかったのだと思います」

 宇野自身がそう話すように、得点は197.45点にとどまり、合計では4回転4本を決めたボーヤン・ジンに3.01点逆転され、297.94点で2位という結果になった。

 それでも、今季苦しんできた後半の4回転トーループを克服したという自信は大きい。

「ループに関してはもっと回転した状態で降りていれば問題はなかったかなと思うので、あとは気持ちの問題ですね。フリップの場合は『絶対に』と思えば大体決まっているし。本当は両方降りなければいけないとは思うけど、最低限どちらかを成功できればいいかなと思っています。

 去年はフリップに関して練習でどれだけできなくても、試合ではできるという根拠のない自信を持っていたんです。でも今年は、フリップもループも練習では去年より跳べているのに、試合での失敗が多い。そんな失敗で少しずつ自信をなくしていたのだと思うんです。ただ、今回今シーズンで初めて課題が残らない試合ができたので、これをきっかけにして、少しでも自信を持てるようにしていきたいです」

 GP第2戦のフランス杯以降は300点台を逃している宇野だが、敗れたとはいえ今のベースを確認できる試合ができたことで、これからの方向性が見えてきた。

 そんな宇野を取り巻く世界の勢力図は、今季は不調だったボーヤン・ジンが復調してきたことでさらに戦いの激しさを増してきたといっていいだろう。ジンは今回、SPとフリーでルッツを含む3種類6本の4回転を成功させて300.95点を出してきた。彼にとって、この得点が今のベースで、五輪へ向けてはもう少し上積みしていくだろう。

 また、日本勢にとって最大の強敵になると思われるネイサン・チェン(アメリカ)は、今季GPシリーズでの最高は293.79点だが、全米選手権でルッツを跳ばない4回転3種類の構成で315.23点を獲得している。フリーでは4回転を6本にする冒険を避けて5本で来るだろうが、その時のジャンプの調子で構成を変えられる能力も持っているだけに、ルッツを入れる構成にすればもう少し得点を伸ばしてくるはずだ。

 さらに、ヨーロッパ選手権でシーズンベストの295.55点を出しているハビエル・フェルナンデス(スペイン)も、SPではフランス杯で107.86点、ヨーロッパ選手権で103.82点を出しているように、確実性はピカイチだ。4回転はサルコウとトーループの2種類だけだが、演技構成点では高得点を出すだけに、フリーもノーミスなら310点台後半を出す能力を持っている。

 これらの強豪に対して宇野も、昨季の世界選手権ではフリーの3回転ルッツで転倒しながらも319.31点を出したように、高い得点能力を持っている。平昌五輪のフリーではその転倒したルッツを使わず3回転ループにする構成で臨み、「ノーミスなら220点台」というレベルで本番に臨もうとしている。全員がノーミスの演技をすれば、チェンと宇野が220点台に乗せて一歩リードし、それにフェルナンデスが肉薄するという状況になり、上位が崩れればジンもメダル争いに加わってくることになるだろう。

 そんな挑戦者たちに対し、羽生結弦がどんな演技をするか。昨季の世界選手権での彼は、SPで連続ジャンプが認定されないミスをして98.39点。フリーでは、3種類4本の4回転を入れたプログラムをノーミスで滑って223.20を出し、合計321.59点を獲得して優勝している。

 平昌ではどのようなジャンプ構成でくるかは不明だが、4回転が3種類か2種類の構成でもノーミスの演技なら一歩リードする状態で、ミスがひとつならノーミスの宇野やチェンと接戦になるだろう。

 現時点での羽生の状況を考えれば、五輪本番はそんな戦いになる可能性が高い。ミスひとつが明暗を分ける、精神力の勝負になりそうだ。

◆坂本花織、四大陸フィギュア初Vが平昌五輪でメダル獲得への追い風に


■フィギュアスケート記事一覧>>