会見する南官杓氏=29日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

◇平昌五輪に21カ国・機関の首脳級が来韓 安倍氏も

 青瓦台(大統領府)国家安保室の南官杓(ナム・グァンピョ)第2次長は会見で、2月9日に開幕する平昌冬季五輪に合わせ、21カ国・機関から首脳級の要人26人が来韓すると発表した。朝鮮半島を取り巻く4大国(米国・中国・日本・ロシア)の首脳で来韓するのは日本の安倍晋三首相のみとなる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14カ国・機関の首脳級要人と会談または昼食会・夕食会を行い、互いの関心事や協力促進策を話し合う予定だ。

◇テニス鄭現が世界ランク29位に急浮上 全豪活躍で韓国歴代最高

 男子プロテニス協会(ATP)が発表した29日付の世界ランキングで、韓国の鄭現(チョン・ヒョン、21)が29位に浮上した。鄭は前日閉幕した全豪オープン男子シングルスで韓国勢初の四大大会4強入りという活躍を見せ、大会前の58位から大幅ランクアップを果たした。2007年の全米オープンで16強入りした李亨沢(イ・ヒョンテク、09年引退)の36位を抜き、韓国選手の最高順位も更新した。

◇病院火災 院長ら3人を出国禁止に

 南東部・慶尚南道密陽市内の病院で26日朝に発生し、多数の死傷者を出した火災で、警察は病院の院長、理事長、総務課長の3人の出国を禁止したと明らかにした。この火災による死者は計39人、重軽傷者は151人に上っている。警察は病院内部が違法に増・改築されていたことを確認し、延焼や患者の避難に影響を与えたかなどを調べている。

◇旧正月連休 全国の高速道路が無料に

 来月の旧正月の連休期間(2月15日〜18日)に全国の高速道路の通行料金が無料になる。連休が平昌冬季五輪(2月9〜25日)の期間と重なるため、政府は五輪の雰囲気を盛り上げるとともに五輪開催地の江原道の観光活性化に向け2月9日から3月18日までを「平昌旅行の月」に指定する方針だ。五輪期間中は江原道の8カ所の高速道路も料金が無料となり、ソウルと五輪競技場がある江原道・江陵を結ぶ高速鉄道(KTX)京江線の運賃が割引になる。

◇北朝鮮スキー場での合同練習 韓国選手は空路で訪朝へ

 統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は定例会見で、北朝鮮東部・馬息嶺スキー場での南北合同練習に参加する韓国選手が空路で訪朝すると明らかにした。南北は早ければ31日から2日間、合同練習を実施する予定だ。韓国選手らはチャーター機で移動し、同スキー場に近い元山の葛麻空港を利用することになるという。白報道官は「北側が空港利用などで便宜を図る。空港使用料、上空通過料は支払わない」と説明した。