【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は29日、中国の軍用機1機が同日午前9時半ごろ、南部・済州島の南の岩礁、離於島付近の韓国防空識別圏(KADIZ)に入ったのを確認し、空軍戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたと明らかにした。

 中国軍機は午前9時55分ごろ、 KADIZから出て日本の防空識別圏を飛行後、午後2時5分ごろ中国方面に向かった。韓国軍関係者は「正確な機種を確認中」と述べた。輸送機または電子戦機とみられるという。

 中国軍機の識別圏進入は約40日ぶり。先月18日に5機が離於島付近の識別圏に入った。