貴乃花親方の意見書に書かれた白鵬の行動とは(共同通信社)

写真拡大

 初場所は終わったが、“本当の勝負”はこれからだ。2月2日の理事選が、角界を二分する大抗争の帰趨を決する場となる。日本相撲協会の理事選で10の枠を奪い合う運命の日となる。だが、貴乃花親方が当選しても、“反貴乃花派”を鮮明にする池坊保子氏が議長を務める評議員会が理事就任を認めない可能性がある。

 その場合は理事当選者が9人になる。欠員をどうするのか、八角理事長(元横綱・北勝海)に質問をぶつけたところ「仮定の話には答えられない」「そのときは理事会で決めればいい」とぶっきらぼうに答えるだけだった。一方、貴乃花親方は理事選を目前にしてなお沈黙を貫いている。

 関係者の注目を集めているのが、本誌『週刊ポスト』前号でその存在を報じた2通の「意見書」の存在だ。いずれも貴乃花親方が昨年末、代理人を通じて協会に提出したもので、1通は日馬富士による貴ノ岩への暴行事件当夜の経緯を協会の危機管理委員会がまとめた「調査結果報告書」(昨年12月20日公表)への反証。もう1通は協会が貴乃花親方の理事降格処分の根拠とした「貴乃花親方の責任について」と題された報告書(同12月28日公表)への反論だ。協会関係者が明かす。

「協会側の報告書の内容をメディアが大きく報じるから、あたかもそれが“確定した事実”だと思われているが、貴乃花親方側の『意見書』の内容を踏まえると、実際には事件の加害者側である日馬富士や横綱・白鵬と、被害者である貴ノ岩の証言には大きな食い違いがあることがわかるのです」

 そこには、事件発覚後、執行部が貴乃花親方に執拗に被害届の取り下げを求めていたことも書かれていたという。さらに、危機管理委員会による貴ノ岩への聞き取りの際、示談を促されたといった経緯も記されており、協会が事件を“矮小化”しようと必死だったとも解釈できるのだ。

 しかし、その反論意見書は“封印”され、いまだに公表されていない。本誌が確認した「意見書」の内容について取材・検証を進めると、貴乃花親方の真の問題意識と怒りが「誰に向けられているのか」がはっきり浮かび上がってくる。

◆「お前もぶっ飛ばすぞ!」

 関係者への取材を総合すると、事件当夜の経緯を明かしている1通目の「意見書」では、暴力行為に走った当事者である日馬富士以上に、「白鵬の言動」に関して、協会の報告書の記載への反論が目立つという。

「たとえば、協会の報告書には事件の起きた鳥取での会合で、『(出席していたメンバーの一人である)照ノ富士は、多量の日本酒を飲んで大分酔っていた』という記述があります。この部分について、貴乃花側の意見書では、照ノ富士が蜂窩織炎(ほうかしきえん・毛穴や傷口から細菌が侵入して、皮膚の深い組織が炎症を起こす感染症)を抱えていて飲酒を控えなければいけなかったのに、“白鵬がジョッキに日本酒を注いで飲ませた”といった状況の詳細が克明に記されている」(協会関係者)

 事件当夜の二次会では、宴席が進むうちに白鵬の説教が始まり、一段落したところで貴ノ岩がスマホをいじったので、日馬富士がその態度に激高──協会の報告書などをもとに、繰り返し報じられてきた経緯だが、貴乃花親方側の「意見書」では、かなりニュアンスが違っているという。

「白鵬は貴ノ岩にひとしきり説教した後で、照ノ富士に対して『お前も調子に乗っているとぶっ飛ばすぞ!』と言い捨てて、いったん説教を終えたという経緯が意見書には記されている。しかも貴ノ岩がスマホをいじったのは、それから10〜20分後のことだというのです。つまり、“大横綱・白鵬の説教中にスマホをいじった貴ノ岩も礼を失していた”という話自体が、印象操作であるという反論です。

 また、協会の報告書には正座した照ノ富士が、日馬富士に叱責され、頬を張られたという話が出てきますが、貴乃花側の意見書では、やり取りの中で激高した白鵬が照ノ富士に対して『土下座しろ』と命じた経緯が細かく記述されています。照ノ富士は膝を負傷していたため、正座を保てずに途中から膝立ち状態だったというのです」(同前)

 前号で報じた通り、白鵬は日馬富士の暴行をしばらく放置し、さらに人目につかないようにするためか、同席していたホステスを部屋の外に出すなどしていた経緯も、「意見書」には綴られているという。

 少なくとも、加害者側と被害者側で大きく言い分が食い違っていることは間違いない。別の協会関係者はこういう。

「貴乃花親方が白鵬をことさら批判しようとしているというよりは、協会の報告書が白鵬に不利にならないようにしている記述が多いということ。もちろん、貴乃花親方が思い描く横綱のあるべき姿と、貴ノ岩の証言した白鵬の振る舞いに大きな乖離があったことは間違いないでしょう」

※週刊ポスト2018年2月9日号