チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンに18年夏オープン

写真拡大

チームラボと森ビルが手がけた、本格的デジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」が、お台場パレットタウンに2018年夏オープンする。

チームラボは、これまで京都・下鴨神社の「光の祭」や、まるで宇宙の中を歩いているかのような「クリスタルユニバース」など、テクノロジーとクリエイティブを融合した様々なジタルアート作品を発表してきた。

今回、森ビルとタッグを組んで生まれる「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」は、チームラボによる東京初の常設展示であり、フラッグシップ施設となる。施設面積10,000屬箸いΠ掬歸なスケール感と、多様な空間構成が特徴だ。

名称にも取り入れられた”Borderless”という言葉には、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自己と他者」の境界をなくし、鑑賞者も作品の一部となって溶け込んでいくという想いが込められている。

なお、営業時間、チケット販売開始時期、入館料金等については未だ発表されていない。

【詳細】
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless
オープン時期:2018年夏(予定)
住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
延床面積延床:約10,000
※営業時間、チケット販売開始時期、入館料金等については未定


[写真付きで読む]チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンに18年夏オープン

外部サイト

  • 「恵比寿映像祭」気鋭のアーティストによる展示や国際映画祭受賞作を上映、日本初上陸の名作も
  • 名古屋城でチームラボによるデジタルアート演出 - 浮遊する球体から放たれる幻想的な光
  • 秋元梢と巡る”アートの街”清澄白河、まちぐるみプロジェクト「MOTサテライト」でお気に入りアート探し