画像提供:マイナビニュース

写真拡大

クオカードは1月29日、上野動物園で2017年6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」をデザインしたQUOカードの発売を開始した。

○1月29日から発売

2017年12月に公開が開始され、ますます人気が高まるシャンシャンのかわいらしい様子をQUOカードにデザインした。ラインナップは、「シャンシャン500」と「シャンシャン1000」の2種類。希望小売価格は、「シャンシャン500」が530円(利用可能額500円)、「シャンシャン1000」1,040円(同1,000円)。

同カードは、1月29日からクオ・ギフトショップ、岡本紙文具店、日本橋三越本店 商品券サロン 新館7階、銀座三越 商品券サロン M5階、ケイ・エス・カード販売にて販売される。1月31日からはチケットポート全14店にて、2月1日からは博品館TOY PARK銀座本店でも販売開始、以降、順次追加を予定している。

発売にあたり、クオカードは「ジャイアントパンダ保護サポート基金」に協賛。同基金は、東京都と中国が共同でパンダと生息地の保全活動を行う「ジャイアントパンダ繁殖研究プロジェクト」を支援するために、東京動物園協会が運営しているもので、クオカードはこの活動をサポートしているという。

また、同カードを地域と協力して発行する「日本全国ご当地QUOカード」シリーズにおける「東京」ご当地QUOカードとして位置付け、東京を代表するカードとして販売する。