2018年型iPhone XにはRAMが4GB搭載?バッテリーも増量されるとのうわさ
アップルの未発表製品の予測で知られるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、今年発売が噂されている新型iPhoneについての新たな観測を発表しました。

第2世代のiPhone Xと、「iPhone X Plus」と仮に呼ばれる6.5インチの大型バージョンは、それぞれ4GBのRAMを搭載するとのこと。いずれもバッテリー容量が現行のiPhone Xよりも増えるとの見方を示しています。現行のiPhone XのRAMは、iPhone 8 PlusやiPhone 7 Plusと同じく3GBと報じられました。最近のハイエンドAndroidスマートフォンが4GB〜8GBを搭載しているのに比べると控えめな印象を受けましたが、今年はついに増量されるのかもしれません。

そしてKuo氏は、第二世代iPhone XとiPhone X Plusがともに現行iPhone Xと同じ2セルのL字型バッテリーを採用すると予測。とはいえ、iPhone X Plusの物理的なサイズの大きさを考慮すると、現状(2716mAh)よりも最大25%アップ、3300〜3400mAh程度が期待できるとしています。

一般にRAMは積めば積むほど動作が快適になるものの、消費電力や本体重量の増加とのトレードオフでもあります。もしもRAMが3GBから4GBにアップするのが本当であれば、バッテリー増量の恩恵かもしれません。

さらに、先日うわさのあった6.1インチ型iPhoneについても続報があり、製造は台湾メーカーのPegatron、Foxconn、Wistronが担当し、それぞれ60%、30%、10%の配分になるとのこと。



ホームボタンが廃された代わりに3DセンシングによりFace IDやアニ文字も利用可能、超薄型の0.5mmベゼルでほぼ全面スクリーンという、iPhone Xと似た仕様。そして700〜800ドル(約77000円〜88000円)とiPhone Xよりも低価格になる......といった観測は既報のとおりです。

目新しい予測としては、長方形の1セルバッテリーを採用し、iPhone Xよりも8.5%アップした2850〜2950mAhになるとか。製造プロセスの進化に伴って、ロジックボードが小型化した成果とされています。

スペックの面でのアップグレードは大人しめで、Kuo氏のレポートでも6.1型iPhoneのお求めやすい価格が主に強調されている2018年版のiPhoneラインナップ。第二世代iPhone XやiPhone X Plus(いずれも仮称)がおいくらになるか、気になるところです。