血圧計がこんなに小さくなりました

写真拡大 (全17枚)

 2018年1月9日から12日まで、ラスベガスで開催された国際家電市「CES 2018」。世界中からあらゆるテクノロジーが集まるトレードショーです。その年の技術トレンドを占える場所とも言われています。

 そんなCES 2018で、すずまり的に見つけた気になる製品を「健康管理デバイス」「女性の体と性にフォーカスしたデバイス」「睡眠改善デバイス」の3つのジャンルにわけてご紹介します。今回は「健康管理デバイス」編です。

■Lenovo「Lenovo Vital Moto Mod」

血圧測定値の精度を上げるためには、心臓に近い場所に構える必要があるので、測定時は胸に手を当てます

 2018年1月9日に発表された簡易バイタル測定デバイスです。モトローラのスマートフォン「Moto Z」にとりつけて使う「Moto Mods」シリーズの1つで、中に左手の人差し指を入れると、約90秒で心拍、血中酸素濃度、血圧、肺活量、体温などのバイタルデータを簡易測定できるというもの。

1つのデバイスで5つのバイタルデータを測定。結果はアプリですぐ確認できます

健康管理がしやすくなりそうです

 現在米国ではFDAの承認を取るプロセスにあるそうですが、今年の4月には米国で395ドルで発売を予定しているとのこと。日本での発売は検討段階にあるといいます。法律の壁がありますから、すぐにリリースというわけにはいかないでしょうけれど、登場したら面白いですね。

■オムロンヘルスケア 「HEARTGUIDE」

 オムロンヘルスケアがコンセプトモデルとして展示していたのは、ウェアラブル血圧計です。腕時計のような感覚で身につけながら、普段は歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠といった活動量をトラッキングしながら、必要に応じて血圧も測れるというもの。タイマー機能も備えているので、夜間の就寝中にも自動的に血圧をモニターできます。直径46mm、幅25mm、厚さ13.8mmで、血圧測定に必要な時間は約1分。S、M、Lの3サイズを用意。現在FDAの認可を申請中で、今年中にまず米国での発売を目指しているそうです。

血圧計がこんなに小さくなりました

ふだんは活動量計としても使えます

 従来の大きな血圧計とはうってかわり、本当に時計のようなサイズまで縮小してきました。まさにイノベーション。そのカギはバンドの内側の構造にあるとのことで、そこはまだ公開できないとのこと。あいにく直接試す機会はありませんでしたが、夜間の血圧測定で目が覚めることはないそうです。

 オムロンヘルスケアとしては、もっと血圧を測る習慣をつけることで、本人もきづかない高血圧を早期発見し、脳梗塞や心筋梗塞を未然に防ごうという狙いがあるといいます。実は夜間寝ている間に血圧が上がっている人も多いんだそうで、1年に1度の健康診断で測る血圧だけでは、生活の中に眠る本当のリスクは見つけられません。早く日本でも利用できるといいですね。

■オムロンヘルスケア 「Omron Avail(PM601)」

スマートフォンでコントロールできる低周波治療器

 同じオムロンヘルスケアでもすでに発売中なのが、iOSやAndroidデバイスでコントロールできる低周波治療器 「Omron Avail(PM601)」です。日本でよく見る低周波治療器よりはだいぶ大きめですが、5つの予め設定された体の痛みモードと、5つのマッサージモード、20段階の強度をコントロールできるとのことで、バッテリーの持続時間は約8時間程度だそうです。

 CES2018の会期中に発売開始されており、セット価格は199ドル。交換バッドはSサイズが13ドル、Lサイズが15ドルとのこと。

 2つセットで同時に使えるそうですし、なによりコードレスでスマートフォンコントロールは今一番欲しいタイプ! まさにヘトヘトだったCES会期中に使いたいと思った1品です。

いろんな部位に使えます

■ no new folk studio「ORPHE TRACK」

 一目見て、とりあえず履いてみたいと思ったのが光るスマートシューズ「ORPHE」をベースに作られた、世界初のスマートフットウェアのプラットフォーム「ORPHE TRACK」。

 超低消費電力で靴の中でAIが動くというのが大きな特徴。靴の中にコアと呼ばれるAIやセンサー入りのデバイスを入れることで、いろんなシューズメーカーと提携でき、すべての靴がIoTシューズになるというもの。

 LEDを内蔵しており、歩くと光るのはもとより、歩き、歩幅、傾き、足の動きがリアルタイムかつ精密にセンシングできるそうです。結果、ランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスなどあできるようになるといいます。スポーツからヘルスケアまで幅広い活用が期待できそうです。

COREが入ったシューズはみなIoT化されるそうです

■MOTIV 「Motiv Ring」

指輪型の防水活動量計

 「Motiv Ring」は光学式心拍計を内蔵した指輪型の防水活動量計です。小さいのに、心拍数(6分間隔)、歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠のトラッキングが可能で、バッテリー持続時間は約3日間とのこと。 iOS端末とBluetoothで連携し、サイズは7種類を用意するそうです。2018年9月に199ドルで発売予定。そのうち日本でも、と話していました。

 本当に軽くて驚きました。手首はお気に入りの腕時計がいい、手首に何か巻きたくない、という方にぴったりです。お値段はちょっとお高めですが、日本で買えるようになったらすぐ使ってみたいですね。おそらくそれまでにデザイン性も豊かになっているでしょう。

サイズは7種類

これなら手首を占有されずに済みます

■ロレアル 「UV Sense」

ネイルのデコレーションとしても使えそうな「UV Sense」

 フランスの化粧品大手ロレアルが発表した、ネイルに貼って使えるほど小型で計量のUVセンサーが「UV Sense」です。スマートフォンとはNFC(近距離無線通信)で接続し、専用アプリで紫外線量をチェックできるというもの。厚さ約2mm、直径約9mmなので、爪のほかに腕時計や眼鏡につけることもできます。バッテリーフリーで数週間利用できるそう。日焼け止めを塗る習慣を作り、紫外線を防ぐことで、皮膚がんの予防につなげる目的があります。

腕時計や眼鏡にもかんたんに取り付けられます

UV Senseの構造

 遊び心のあるネイルのアクセントのようなデザインですし、充電がいらないというのも嬉しいですね。2018年米国の一部で販売開始、2019年にグローバルで発売予定。販売元はロレアルのスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」となるようです。

理想のスマートホームってどんなのだろう?