レアル・マドリーが驚愕の768億円投資でデ・ヘア、アザール、ケイン総獲りを画策か

写真拡大

▽レアル・マドリーが今季終了後にプレミアリーグからスターを掻っ攫う計画を画策しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽昨シーズンに史上初のチャンピオンズリーグ連覇を達成するなど栄華を極めたレアル・マドリーだが、今シーズンはリーガエスパニョーラで首位のバルセロナから19ポイント差の4位に甘んじており、先日には早くもコパ・デル・レイ敗退が決まった。2014年にMFハメス・ロドリゲスを獲得して以降、大きな移籍金を払うことなく補強してきたレアル・マドリーだが、今回の報道によれば夏に5億ポンド(約768億円)を擁してスターを集める計画があるという。

▽伝えられるところによれば、レアル・マドリーはマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘア、チェルシーMFエデン・アザール、トッテナムFWハリー・ケインの獲得を目指す模様。デ・ヘアに対して1億ポンド(約153億7000万円)、アザールとケインに関してはそれぞれ2億ポンドを投資する準備があるとのことだ。

▽2015年に獲得に近づいたデ・ヘアに関しては、かねてからクラブが興味を示していることが知られている。また、アザールはジネディーヌ・ジダン監督が称賛することを隠していない。スパーズ育ちのケインの獲得は簡単ではないとみられるが、同選手との信頼関係が厚いマウリシオ・ポチェッティーノ監督の去就によって状況が変わる可能性を『デイリー・メール』は示唆している。

▽仮に5億ポンドを使うようなら過去最大のビッグサマーとなるが…。いずれにせよ今夏のレアル・マドリーの動きには注目が集まりそうだ。