ハンバーガーだけど“おフランス” 春のエールフランス

写真拡大

 ハンバーガーやドーナツはフランスに似合わない? いえいえ、仏産牛を使った、エメンタールチーズにベアルネーズソース添えのハンバーガーならいかが? エールフランス航空で、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラス限定の長距離線有料ミール「ア・ラ・カルトメニュー」に、4月から「My Fun Menu(マイ・ファン メニュー)」が加わる。

 美食の国の空の旅、エールフランスの機内食の哲学は、もちろん“雲の上で味わう美食”。ハンバーガーといっても、やはりフランスらしさにこだわっている。ベアルネーズソースは、1837年にパリで創作された、牛など赤身肉のステーキに合わせるクリーミーなソース。溶かしバター、卵黄、お酢、エシャロットにハーブのエストラゴンなどで香りを付けたものだ。デザートにはキャラメルフィリング入りドーナツなども味わえる。

 4月1日以降のパリ発長距離線フライトで航空券の予約購入後の事前注文が必要。料金は13ユーロ(約1,755円・クレジットカード払い)、フライング・ブルーマイレージ4,500マイルとの交換もできる。