mamorino4

 KDDI、沖縄セルラーは、子ども向けの携帯電話端末「mamorino4」(ZTE製)を2月2日に発売する。価格は1万6200円(税込)。分割支払いも対応する。

 「mamorino4」は、小学校低学年以下の子供が対象の通話端末。タッチ操作や音声操作に対応し、スマートフォンのような操作感で使えるようになった。

 VoLTE通話やSMS、防犯ブザーなどを搭載。保護者から居場所を確認する機能や、防犯ブザーを鳴らすとココセコムへ通報するサービスも利用できる。

 一方、ブラウザーは非搭載で、アプリの追加にも対応しない。

専用料金プラン

 mamorino4専用の料金プランとして、「ジュニアケータイプラン」が提供される。同プランでは、2年契約の「誰でも割」適用で、月額500円で利用可能。

 家族宛の国内通話・SMS送信が無料となる。家族以外へは通話が30秒当たり20円で、SMS送信は1通当たり3円。位置情報通知サービスなどのために、最大128kbpsのデータ通信を利用可能。LTE NET利用料はかからない。

 「ジュニアケータイプラン」は、利用者が小学生以下で、「mamorino4」をMNP転入、新規契約、機種変更と同時に購入する場合に限り申込可能。なお、4G LTEケータイ向けの料金プランでmamorino4を利用することもできる。

 端末、プランの詳細は発表時の記事も参照いただきたい。

名古屋・東京で体験展示

 発売にあわせKDDIは、名古屋と東京で開催される家族向けイベントにて「mamorino4」の体験ブースを展開する。

 名古屋ではナゴヤドームで2月23日〜25日に開催される「HAPPY MAMA FESTA2018」に出展。端末の当日購入も可能としている。東京では東京国際フォーラムで3月28日〜29日に開催の「かぞくみらいフェス2018」で出展する。