甲子園球場で行われる今夏の全国高校野球選手権大会から、これまで入場無料だった外野席が有料となり、バックネット裏の中央特別席が全席前売り指定席化されることが明らかになった。外野席は500円程度を想定しているそうだが、中央特別席も含め、料金は4月に決まるという。

昨年までの夏の甲子園では、無料となっていた外野席。良い席を確保しようと朝の開門時には平均で5000人の観客が来場 していたという。また、バックネット裏の中央特別席は有料ではあったものの、席を指定しての前売りは行われておらず、当日券のみ。中央特別席についても外野席と同様に、当日券を求める観客が開門前に行列を作っていた。

今夏からは、中央特別席のみ前売りを行い、そのほかの座席については当日券で販売するとのことだ。

外野席の有料化と中央特別席の前売り開始によって、座席や当日券を求める人々による開門時の混乱は緩和されることとなりそう。無料だったものが有料になることで、批判的な意見が多いのかと思いきや、Twitterでは、

“正直今までタダなのがすげーなと思ってたので、まぁええんちゃう?席多少取りやすくなるやろうし ”
“甲子園前売りの件。 平等に観戦できるよう願いますね〜 中央席は未来の高校球児優先 は大賛成だった。 とにかく「平等に」 ただそれだけだ… ”
“バックネット裏の自由席は、前売りの指定席に変更する。 これで、不自然に同じ人がいつも同じところにいるのがなくなるわけやね。いいことだね。 ”

などと、今回の方針変更はおおむね高評価のようだ。ネット上でも、バックネット裏でいつも同じ人が観戦しているのは不自然だと指摘されることも多く、前売り化による“良席の平等化”が期待されているようだ。

しかし、一方では、

“甲子園のバックネット裏が前売りなのはいいけど指定席になるのは無理 その日によって欲しい席なんて違うし…球場に行ってここって決めたところに座りたいもん… ”
“外野席有料化はいいとしてバックネット裏の前売り指定席は販売方法、発売時期、席を選べるのかどうか等々がどうなるか不安。 ”
“俺が気になってるのは中央特別の前売り発売時期。組み合わせが決まる前か後かによって取り方が変わるよね。外野の有料は賛成。 ”

と、バックネット裏の中央特別席の前売りについては、どの高校が勝ち上がるか分からないということもあり、販売開始時期に対する心配も少なくない。

中央特別席は、インターネットやコンビニでの販売を想定しているという。これまでとはまた違った形での、チケット争奪戦が始まるかもしれない。
(小浦大生)

■関連リンク
・夏の甲子園、バックネット裏が前売り指定化 混雑緩和へ - 高校野球(甲子園):バーチャル高校野球
http://www.asahi.com/koshien/articles/ASL1S5JB0L1SPTQP00F.html

・「甲子園 前売り」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92+%E5%89%8D%E5%A3%B2%E3%82%8A