音が出せなくても光でわかる!iPhoneの着信をLEDライトで知る方法:iPhone Tips
マナーモード設定時に、大事な着信に気づなかった経験はありませんか? 「LEDフラッシュ通知」をオンにすると、着信をiPhoneの背面にあるライトの点滅で教えてくれます。LINEの通知を受け取ったときも点滅するので、通知をうっかり見逃してしまいがちな人にもおすすめの機能です。

「LEDフラッシュ通知」をオンにする


「LEDフラッシュ通知」を設定するには、「設定」アプリを開いて「一般」 「アクセシビリティ」の順にタップしましょう。画面を下にスクロールし、「LEDフラッシュ通知」を選択したら、次の画面で「LEDフラッシュ通知」のスイッチをオンにします。

▲「設定」を開き、「一般」 「アクセシビリティ」 「LEDフラッシュ通知」の順にタップ(左)。「LEDフラッシュ通知」のスイッチをタップしてオンにする(右)

これでライトの設定が完了しました。実際に着信があると、背面のライトが点滅します。


▲着信があると、ライトが点滅する

この機能の便利な点は、通知を教えてくれるだけでなく、iPhoneの場所をライトで示してくれる点にあります。iPhoneをカバンにしまっていると、着信に気づいていてもiPhoneがどこにあるかわからず、電話に出そびれてしまうことがありますよね。しかし、ライトが点滅すればiPhoneの場所がすぐわかるので、急な着信にも慌てないでしょう。

便利な機能ですが、会議や勉強中など通知を極力シャットアウトしたいときにライトが点滅すると、集中力を損なう原因になります。そんなときは、「LEDフラッシュ通知」画面で「消音時に点滅」のスイッチをオフにして、マナーモード設定時の点滅をストップしましょう。


▲「LEDフラッシュ通知」画面で「消音時に点滅」のスイッチをオフにすると、マナーモード設定時がライトが点滅しなくなる